スポンサーリンク

「黙乗」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「黙乗」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「黙乗」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「黙乗」とは?意味

「黙乗」は、疫病などが流行しているさなかにおいては、黙って乗り物に乗るというスローガンで使用されます。

このスローガンは市バスから、タクシーなどで試みているスローガンで疫病が流行しているさなかに話をしてはいけないという考えから作り出されました。

ただ、このスローガンは別に罰則はないうえ、マスクをしていれば大丈夫なのではないかという声や、そもそもウィルスの感染方法は話をすることによる唾液なのかなどのほか、ほかの要因、例えばおならでも感染するウィルスなのではないかという声もあり、絶対ではないです。

「黙乗」の概要

「黙乗」は、日本独自の取り組みで疫病が流行しているさなかにおいては、無駄に会話をせずに唾液などを周囲に振り撒かないという考えで疫病の感染者を増加させないという取り組みです。

ただ、絶対という強制ではないのでできる限りで皆さんで頑張りましょうというの「黙乗」になり、このほかにも、できるだけ静かに食べる「黙食」というスローガンもあります。

「黙乗」の言葉の使い方や使われ方

「黙乗」という言葉は、乗り物に乗る際には黙ろうという風に使用し、スローガンとして皆さんにお願いする形でポスターなどに採用され使用されています。

「黙乗」を使った例文

・『黙乗を促すポスターを掲載する』
この例は乗り物などに黙って乗ろうというポスターを張るという例です。

あくまで、お願いペースでお願いするというのがこの例になります。

・『黙乗はあくまでお願いがベース』
この例は、「黙乗」というものが、あくまでお願いベースであるが故、絶対ではないという例になります。

絶対ではありませんので行ってしまえば従う必要性がないのがこのお願いです。

・『黙乗を行うからには、車内もウィルスに対抗できるようにする』 この例、「黙乗」をお客側に求めるのであれば、それに応じてバスなどの交通機関もウィルスに対抗する処置を施す必要性があるとした例になります。

交通機関側も対策をすることで初めて、ウィルスを減少させるのです。

まとめ

「黙乗」については強制ではなく、個人個人がそれを行うことで強制力を持ってしてではなく自発的にお願いするというもので、日本であるが故通用する考え方です。

なぜなら、他国では、強制ではない場合従う必要性もなく、あえてウィルスが広がる行為を行っても処罰されないケースがありえます。

そうした意味では、「黙乗」は日本人個人個人がきちんと礼節にのっとり物事に対処していくが故このようなお願いベースでもウィルスが広がらないで済んでいるのです。

ただ、ウィルスの感染力が強くなれば、おそらく命令をして違反者を取り締まるという扱いに変化すると思いますが、今のところ日本はお願いベースでウィルスなども蔓延を防いできた歴史があり、インフルエンザなども蔓延を防いできた実績があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典