「~ごとに」と「~おきに」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「~ごとに」と「~おきに」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「~ごとに」「~おきに」の違いを分かりやすく説明していきます。

「~ごとに」とは?

「~ごとに」とは、「一定の周期(時間間隔)である行為・状態が繰り返されること」を意味している言葉です。

「~ごとに」は、「~毎に」と漢字表記することができます。

「~ごとに」という言葉は、「秒・分・時の単位」でも「日・週・月・年の単位」でも「時間単位の長さ」とは関係なく、「周期的・定期的に物事・行為が繰り返されること」を示します。

例えば、「5分ごとにアラームが鳴ります」「5分に1回、アラームが鳴ること」を意味していますが、「1ヶ月ごとに連絡が来ます」「1ヶ月に1回、連絡が来ること」を意味していて、「~ごとに」「時間単位の長さ」によって意味が変わることがないのです。

「~おきに」とは?

「~おきに」とは、「一定の周期(時間間隔)である行為・状態が繰り返されること」を意味しています。

しかし、「日・週・月・年の単位」のように「時間単位が長くなると、一定の期間を開けてある物事・行為が繰り返される」という意味合いに変わる特徴を持っています。

例えば、「1週間おきに通院しています」という文章は、「1週間に1回(毎週1回)、通院していること」を示しているのではなく、「1週間の期間を開けて通院していること・2週間に1回、通院していること」を意味しているのです。

「~ごとに」と「~おきに」の違い!

「~ごとに」「~おきに」の違いを、分かりやすく解説します。

「~ごとに」「~おきに」「一定の時間間隔(周期)である行為・状態が繰り返されること」を意味している言葉ですが、「秒・分・時などの比較的短い時間の単位」では完全に同じ意味になります。

「1時間ごとに休憩を取っています」「1時間おきに休憩を取っています」は、「1時間に1回休憩を取る」で同じ意味になります。

しかし、「日・週・月・年の大きな時間の単位」になると両者の意味に違いが出てきます。

例えば、「~ごとに」「1ヶ月ごとに検査を受ける」の文章で「1ヶ月に1回、検査を受けること」を意味していますが、「~おきに」のほうは「1ヶ月おきに検査を受ける」とすると「2ヶ月に1回(1ヶ月の期間を開けてから)、検査を受けること」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「~ごとに」「~おきに」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「~ごとに」とは「一定の周期である行為・状態が繰り返されること」を意味していて、「~おきに」「一定の周期で行為が繰り返されること」「日・週・月・年の大きな単位では、ある行為(状態)がその期間を開けて繰り返されること」を意味している違いがあります。

「~ごとに」「~おきに」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典