スポンサーリンク

「~を余儀なくされる」と「~を余儀なくさせる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「~を余儀なくされる」と「~を余儀なくさせる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「~を余儀なくされる」「~を余儀なくさせる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「~を余儀なくされる」とは?

「~を余儀なくされる(~をよぎなくされる)」とは、「ある人が~するしか方法(手段)がない状態にされること」を意味している表現です。

「~を余儀なくされる」とは、「Aがある原因によって、~せざるを得ないようにされること」を意味しているのです。

例えば、「彼は怪我によって試合の辞退を余儀なくされました」などの例文で使えます。

「~を余儀なくさせる」とは?

「~を余儀なくさせる(~をよぎなくさせる)」とは、「ある物事(原因)が~するしか方法(手段)がない状態にすること」を意味している表現です。

「~を余儀なくさせる」とは、「ある原因(理由)が、Aに対して~せざるを得ないようにすること」を意味しているのです。

例えば、「その怪我が、彼に試合の辞退を余儀なくさせました」といった例文で使用できます。

「~を余儀なくされる」と「~を余儀なくさせる」の違い!

「~を余儀なくされる」「~を余儀なくさせる」の違いを、分かりやすく解説します。

「~を余儀なくされる」「~を余儀なくさせる」はどちらも「結果として~するしかない状態になっているさま(他に取るべき手段がないさま)」を意味していますが、「~を余儀なくされる」「Aがある原因によって~するしかない状態にされること」を意味しています。

「~を余儀なくさせる」のほうは、「ある原因がAに対して~するしかない状態にすること」を意味している違いを指摘できます。

つまり、「~を余儀なくさせる」「~を余儀なくされる」よりも、「~という行動を引き起こす原因・理由」を主語にして強調した文章なのです。

まとめ

「~を余儀なくされる」「~を余儀なくさせる」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「~を余儀なくされる」とは「~するしか方法がない状態にされること・~せざるを得ないこと」を意味していて、「~を余儀なくさせる」「~するしか方法がない状態にすること・~せざるを得ないようにすること」を意味している違いがあります。

「~を余儀なくされる」「~を余儀なくさせる」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典