スポンサーリンク

「2LDK」と「3DK」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「2LDK」と「3DK」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「2LDK」「3DK」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「2LDK」とは?

間取りを示す語です。

2つの居室、リビングダイニングキッチンがあることを示しています。

居室といっても、家によってその広さは異なります。

「2LDK」という言葉だけでは、居室はどれくらいの広さなのかは、わかりません。

リビングダイニングキッチンは、リビング、ダイニング、キッチンがひと続きになったようなもので、キッチンのあるスペースが10畳以上である場合をいいます。

この間取りだと、食事をするスペースとくつろぐスペースを同時に確保できます。

広々としたスペースで食事ができます。

子どもが生まれると、子どもが自由に遊ぶスペースが欲しくなるかもしれません。

「2LDK」だと、子どもが遊ぶスペースを確保しやすいです。

しかし、スペースが広いと家賃が高くなる傾向があります。

「2LDK」の使い方

間取りを示す語です。

2つの居室とリビングダイニングキッチンがあることを示します。

「3DK」とは?

間取りを示す語です。

3つの居室とダイニングキッチンがあることを示します。

ダイニングキッチンは、主に食事を作って食べる場所です。

テーブルを置くとスペースがいっぱいになってしまい、ここでくつろぐことが主な目的ではありません。

しかし、間取りによってはリビングとしても活用できます。

この形の家は、部屋数を多く確保したい人に向いています。

たとえば、子ども部屋、書斎、夫婦の寝室など、いくつもの用途に分けて部屋を分けたいときに、部屋数が多いとさまざまな方法に活用できます。

どこにダイニングキッチンがあるかによって、間取りがだいぶ変わってきます。

玄関を入ってすぐのところにあると、廊下が不要になり、スペースを有効活用できる場合が多いです。

中央にあると、必ず南側にある1部屋とは続く形になります。

南側にあると、光を取り入れやすく、換気をしやすいです。

「3DK」の使い方

間取りを示す語です。

3つの居室とダイニングキッチンがあることを示します。

「2LDK」と「3DK」の違い

どちらの間取りを示す語なのですが、それぞれ違う形をしています。

まず、部屋数が違います。

「2LDK」は2つ、「3DK」は3つです。

次に、キッチンとひと続きになっているスペースの広さも違います。

広いのは「2LDK」の方です。

「2LDK」の例文

・『2LDKの部屋を探している』
・『2LDKでこの家賃なのは安い』
・『子どもが生まれたときのことを考えて2LDKに住む』
・『2LDKだから広々している』

「3DK」の例文

・『3DKに住んでいる』
・『南側にダイニングキッチンがある3DK』
・『友人宅は3DK』
・『駅近くにある3DKの部屋』

まとめ

どちらの言葉も間取りを示しています。

違いは、部屋数とキッチンと続いている部屋の広さです。

住む人の数、部屋の用途などによって、どのような部屋を選ぶのか考えるとよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典