スポンサーリンク

「Ago」と「before」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「Ago」と「before」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ago」「before」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ago」とは?

「ago」とは、「今・現在を基準にして『今より~前』」を意味している英語です。

「ago」「期間を表す言葉を前において使用する副詞」で、過去形の文章で使用され現在完了形の文章では使えません。

例えば、“I went to my aunt’s house two months ago.”(二か月前に叔母の家に行きました)などの文章で使われます。

「before」とは?

「before」とは、「過去のある時を基準にして『そのときより~前』」を意味している英語です。

「before」「期間を表す言葉を前におき、基準となる時点を後ろにおいて使用する接続詞・前置詞」で、過去形・過去完了形などの文章で使われます。

例えば、“I should finish this work before the end of the month.”(月末になる前に、この仕事を終わらせなければならない)などの文章で使われます。

「ago」と「before」の違い!

「ago」「before」の違いを、分かりやすく解説します。

「ago」「before」はどちらも「過去のある時点・~前」を意味している英語ですが、「ago」とは「今・現在を基準にして今よりも~前」を意味していて、「before」のほうは「過去のある時点を基準にしてその時よりも~前」を意味している違いがあります。

「ago」「期間を表す言葉を前において過去形の文章で使用する副詞」ですが、「before」「期間を表す言葉を前に、基準となる時点を後ろにおいて過去形・過去完了形の文章で使用する接続詞・前置詞」であるという違いも指摘できます。

また「ago」は単独では用いませんが、「before」は単独で「以前」の意味で用いることができます。

まとめ

「ago」「before」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ago」「現在を基準にして『今より~前』」「期間を表す言葉を前において使用する副詞」を意味していて、「before」のほうは「過去のある時を基準にして『そのときより~前』」「期間を表す言葉を前におき基準となる時点を後ろにおいて使用する接続詞・前置詞」を意味している違いがあります。

「ago」「before」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典