スポンサーリンク

「amongst」と「among」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「amongst」と「among」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「amongst」「among」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「amongst」とは?

「amongst」とは、「~の間で・~の中で・~に囲まれて」を意味しているややフォーマルな響きのある英語の前置詞です。

「amongst」は北米英語(アメリカ・カナダ)でも英国英語(イギリス)でも、「among」と比べると使用頻度が格段に少なく、文語的な表現(書き言葉の表現)で使われることが多くなっています。

ただしイギリスでは北米よりも「amongst」の使用頻度が多くなっていて、「amongst」のほうが「among」よりも後に生まれた新しい単語なのに、「among」よりも古語的なイメージが持たれています。

「amongst」の使い方

「amongst」という英語の接続詞は、「~の間で・~の中で・~に囲まれて」を意味していますが、ややフォーマルな文章・書き言葉の表現で使うという使い方になります。

例えば、以下のような例文で使えます。

“This product is popular amongst the customers.” (この製品がお客様の間では人気です。)

「among」とは?

「among」とは、「~の間で・~の中で・~に囲まれて」といった意味を持っている英語の前置詞です。

「among」は北米英語(アメリカ・カナダ)でも英国英語(イギリス)でも、「amongst」よりも一般的かつ口語的(話し言葉的)な英語ですが、特に北米英語において「amongstの約30倍」も使用されています。

「among」の使い方

「among」という英語の接続詞は、「~の間で・~の中で・~に囲まれて」を意味して使うという使い方になります。

例えば、以下のような例文で使えます。

“He had become rumored among the class.” (彼はクラスの中で噂になっていました。)

「amongst」と「among」の違い!

「amongst」「among」の違いを、分かりやすく解説します。

「amongst」「among」はどちらも「~の中で・~の間で」を意味している英語の前置詞ですが、「among」のほうが「amongst」よりも「圧倒的に使用される頻度が多い・特に北米英語ではamongstはまず使われない」という違いがあります。

言語としての歴史では、「amongst」のほうが「among」よりも新しいのですが、言葉の響き・イメージでは「amongst」には「古語的・文語的・フォーマルな響き」があります。

米国・カナダでも英国でも「among」のほうが「amongst」より使用頻度は圧倒的に多いですが、米国・カナダは「約30倍」、イギリスでは「約8倍」の使用頻度になっている違いも指摘できます。

まとめ

「amongst」「among」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「amongst」「among」はどちらも「~の中で」を意味する英語ですが、「among」のほうが「amongst」よりも「圧倒的に使用頻度が多い・話し言葉で使われる」という違いがあります。

「amongst」「among」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典