「avアンプ」と「プリメインアンプ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「avアンプ」と「プリメインアンプ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「avアンプ」「プリメインアンプ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「avアンプ」とは?

「avアンプ」の意味と概要について紹介します。

「avアンプ」の意味

「avアンプ」とは、「家庭に居ながら映画館の様な迫力ある音と映像が再現できるアンプのこと」です。

「avアンプ」の概要

「avアンプ」「オーディオ・ビジュアル・アンプ」を省略した言葉です。

普通の家庭でホームシアターの様に、迫力のある音声や映像が再現できるアンプのことを言います。

アンプとは、音響を電気信号に変えて増幅する効果のある機器のことで、大きな音声を使う映画やバンド演奏などに使われています。

「avアンプ」「プリメインアンプ」よりも、よりリアルな音声や映像を再生できるのが特徴です。

音だけではなく、映像も信号化して増幅できることから、映画鑑賞をするのに向いているのです。

また、「avアンプ」はただのアンプとしてだけではなく、FMチューナーに対応していたり、ワイヤレスネットワーク機能を持った製品もあります。

1台あれば、家庭内であらゆる音や映像を楽しむめるのです。

「プリメインアンプ」とは?

「プリメインアンプ」の意味と概要について紹介します。

「プリメインアンプ」の意味

「プリメインアンプ」「音質・音量のコントロールして、増幅してスピーカーに送れるアンプのこと」です。

「プリメインアンプ」の概要

「プリメインアンプ」は、「プリアンプ」「メインアンプ」が合体した製品です。

「プリアンプ」は、音量や音質をコントロールしたり、ソースを切り換える役割があります。

「メインアンプ」は、音量を信号に変えてスピーカーを鳴らす役割があります。

オーディオ機器として扱われ、左右のチャンネルによりステレオサウンドに再生します。

とにかく「サウンド」がメインであり、オーディオマニアが好んで使用しています。

「avアンプ」と「プリメインアンプ」の違い!

「avアンプ」「映像に音声と多機能で便利なアンプ」です。

「プリメインアンプ」「サウンドを重視したアンプ」です。

まとめ

今回は「avアンプ」「プリメインアンプ」の違いをお伝えしました。

「avアンプは音と映像」「プリメインアンプはサウンド」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典