スポンサーリンク

「bcp対策」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「bcp対策」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「bcp対策」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「bcp対策」とは?意味

「bcp対策」とは、“Business Continuity Plan”の略語で、「事業継続計画」とも呼ばれます。

企業が自然災害やテロなどといった緊急事態に対して、企業の損害を最小限にとどめるために、日常から行うべき事や計画や手段を決めておく計画を指します。

これは災害などの緊急事態だけに留まらず、企業がビジネスを継続するために必要な対策全てについてあてはまります。

「bcp対策」の概要

「bcp対策」は、防災対策と混同されますが、根本的な意味としては異なっています。

「bcp対策」は自然災害やテロ行為などを始めとして、それ以外の様々な緊急事態を想定した計画や対策を指し、防災対策の枠を超えて幅広く検討、対策されます。

そしてその範囲は、自社はもちろんの事、取引相手など他社を含めた大きな範囲となります。

「bcp対策」の最大の目的は、企業の損害を最小限に抑え、自社の従業員の生命、財産を守る事です。

「bcp対策」を日頃から行っておくことで、緊急事態においての被害を最小限に抑え、企業としての事業を継続する事ができます。

さらに、もし被害が大きくなってしまった場合であっても、早急な復旧を行う事で、事業の回復も目指す事も可能となるのです。

その上、「bcp対策」を行っている事を市場や取引先にアピールする事によって、企業としてのイメージが上昇し企業価値を高める結果となり、さらには地域からの信頼や従業員からのイメージアップに繋がるのです。

「bcp対策」の言葉の使い方や使われ方

「bcp対策」は、企業が直面しうる様々な緊急事態に対応するために行われる計画のひとつです。

台風や火災などの災害を始め、テロ行為や情報漏洩、取引先の倒産や従業員の不祥事など様々な分野についての対策を行います。

そのため「bcp対策」が使用される場面は企業の緊急時の重要な対策のひとつであり、「bcp対策」がしっかりとされているかどうかで、企業価値があがったり、イメージアップにつながります。

「bcp対策」を使った例文

・『我が社は先の大地震がきっかけとなりbcp対策を本格的に検討するようになった』
・『日頃からのbcp対策は企業の価値を高める事になる』
・『先日の不祥事で我が社の損害は計り知れない。

しかしbcp対策を基に必ず事業を再開させたい』

まとめ

「bcp対策」とは、自然災害を始めとした企業が緊急事態に備えるための対策です。

この「bcp対策」を行っておくことで、企業としての損害を最小限に抑える事ができるため、日頃から十分に検討し計画しておく必要があるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典