スポンサーリンク

「because」と「since」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「because」と「since」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「because」「since」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「because」とは?

「because」とは、「なぜなら~だから・~なので」といった原因・理由を意味している英語の接続詞です。

「because」という英語の接続詞は、「話している相手がこれから話す原因・理由についてよく知らないこと」「これから話す原因・理由が相手にとって新しい情報になること」を前提にしています。

「because」の英語表現は、「cuz」と略して表記されることもあります。

「because」の使い方

「because」という英語の接続詞の使い方は、「なぜなら~だからの聞き手がまだよく知らない原因・理由」を意味して使うという使い方になります。

例えば、以下のような例文で使うことができます。

“I went home early because(cuz) I caught a cold.” (風邪をひいたので、早く家に帰りました。)

「since」とは?

「since」とは、「~だから・~のために・~なので」といった原因・理由を意味している英語の接続詞です。

「since」という英語の接続詞は、「話している相手がこれから話す原因・理由について、すでにある程度知っていること」「これから話す原因・理由が相手にとって、それほど重要な情報ではないこと」を前提にしています。

「since」の使い方

「since」という英語の接続詞の使い方は、「なぜなら~だから・~のためにという聞き手がすでにかなり知っている原因・理由」を意味して使うという使い方になります。

例えば、以下のような例文で使えます。

“Since today is Sunday, I slept until noon.” (今日は日曜日なので、お昼まで寝ていました。)

「because」と「since」の違い!

「because」「since」の違いを、分かりやすく解説します。

「because」「since」はどちらも「なぜなら~だから・~なので・~のために」を意味している英語の接続詞ですが、「because」のほうが「since」よりも「これから話そうとしている理由・原因について聞き手がよく知らない」といった意味のニュアンスが強いという違いがあります。

「because」のほうが「since」よりも、「聞き手がまだ知らない原因・理由についてきちんと説明する」といったフォーマルな意味合いがあるのです。

「since」「because」と比べると、「すでに聞き手がある程度知っている原因・理由について軽く言及する」といった意味合いが強くなっています。

また「because」のほうが「since(asやsoも含めて)」よりも、「これから話そうとしている内容や理由の情報としての重要度が高い」といったニュアンスの違いも指摘できます。

まとめ

「because」「since」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「because」とは「なぜなら~だからの相手がまだ知らない原因・理由」を意味していて、「since」「~だから・~なのでの相手がすでにある程度知っている原因・理由」を意味している違いがあります。

「because」「since」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典