「daas」と「vdi」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「daas」と「vdi」 の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「daas」「vdi」の違いを分かりやすく説明していきます。

「daas」とは?

「daas」の意味と概要について紹介します。

「daas」の意味

「daas」「ダース」と読みます。

意味は「個人のデスクトップの環境を、プロバイダが提供するもの」です。

「daas」の概要

「daas」「Desktop as a Service」の頭文字を取った言葉で「サービスとしてのデスクトップ」という意味です。

普通は、デスクトップは個人のPC上にあるものですが、「daas」は、プロバイダがネットワーク上にデスクトップを構築して、個人が必要な時にそれを呼び出して使うというサービスのことを言います。

個人が持っている端末は、あくまで「情報を表示する為のソフト」という役割になるのです。

「daas」を利用すれば、いちいちソフトウェアを端末にインストールする必要はなく、ディスプレイで呼び出してキーボードで操作するので、PC本体が必要なくなるのです。

内容により、個人が利用できるものや、企業の内部だけで利用できるもの、関連会社が利用できるものなどがあります。

「vdi」とは?

「vdi」の意味と概要について紹介します。

「vdi」の意味

「vdi」「デスクトップを仮想化するサービスのこと」です。

「vdi」の概要

「vdi」「Virtual Desktop Infrastructure」の頭文字を取った言葉で「仮想デスクトップの基盤」という意味です。

これは、オフィスにサーバーを設置して、そこに個人が利用するデスクトップ環境を集めて、それぞれのPC端末に配信するというサービスです。

サーバ側でPCとしての処理を全てするので、個人が持っているPCの機能が低くてもフルに利用できます。

「daas」と「vdi」の違い!

「daas」「個人のデスクトップの環境を、プロバイダが提供するサービス」です。

「vdi」「個人が利用するデスクトップ環境を集めて、それぞれのPC端末に配信するサービス」です。

まとめ

今回は「daas」「vdi」の違いをお伝えしました。

「daasはデスクトップをネットワーク経由で使う」「vdiはデスクトップが配信される」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典