スポンサーリンク

「Danger」と「warning」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「Danger」と「warning」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「danger」「warning」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「danger」とは?

「danger」とは、「危険・脅威」を意味している英語の名詞です。

「danger」という英単語は、米国規格協会の危険度の定義によると、「それを回避しなければ、死亡あるいは重傷につながる極めて危険な状況」を意味しています。

「warning」とは?

「warning」とは、「警告・警報・注意」を意味している英語の名詞です。

「warning」という英単語は、米国規格協会の危険度の定義によると、「それを回避しなければ、死亡あるいは重傷につながる可能性があるかなり危険な状況(その状況に対する警告・注意)」を意味しています。

「danger」と「warning」の違い!

「danger」「warning」の違いを、分かりやすく解説します。

「danger」「warning」はどちらも「危険に対する注意を促す英語」という点では意味が共通していますが、「danger」「危険・脅威そのもの」を意味していて、「warning」のほうは「危険であることの警告・注意」を意味している違いがあります。

また「danger」のほうが「warning」よりも「危険度が総体的に高い違い」もあり、「danger」「回避しなければ、死亡または重傷の結果を招く極めて危険な状況」を意味しています。

まとめ

「danger」「warning」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「danger」とは「危険・脅威」「避けなければ、死亡あるいは重傷につながる極めて危険な状況」を意味していて、「warning」のほうは「警告・警報」「避けなければ、死亡あるいは重傷につながる可能性もあるかなり危ない状況」を意味している違いがあります。

「danger」「warning」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典