「DMMバヌーシー」と「一口馬主」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「DMMバヌーシー」と「一口馬主」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「DMMバヌーシー」「一口馬主」の違いを分かりやすく説明していきます。

「DMMバヌーシー」とは?

「DMMバヌーシー」とは、「DMM社がDMM証券を通じて運営している、最安1万円程度から競走馬に一口の出資ができる一口馬主のサービス」のことです。

「DMMバヌーシー」「入会金0円・月会費825円+馬の出資金と維持費」を支払うことで、競走馬の一口馬主になれる画期的なサービスです。

「DMMバヌーシー」は競走馬一頭に対して「2000口」に分割した出資ができるので、2000万円の馬であれば「1万円」の投資金額に抑えられます。

また「DMMバヌーシー」には、「厩舎からの近況報告・記念品プレゼント・抽選で馬主席入場」などの特典も用意されています。

「一口馬主」とは?

「一口馬主(ひとくちばぬし)」とは、「競走馬の所有権を小口に分割した上で、その一部を保有(出資)している人」のことを意味している言葉です。

愛馬会法人とクラブ法人(馬主)が運営している「一口馬主」の制度を利用すれば、間接的に競走馬(サラブレッド)の馬主になれるのです。

「一口馬主」は一般的に「40口・400口」で馬の所有権を分割していますが、それ以外にも「毎月の費用・維持費」などがかかるので、その負担は小さくはありません。

「DMMバヌーシー」と「一口馬主」の違い!

「DMMバヌーシー」「一口馬主」の違いを、分かりやすく解説します。

「DMMバヌーシー」「DMM社が提供している入会金0円・月会費825円+馬の出資金(1万円~)の一口馬主のサービス」のことであり、「DMMバヌーシー」「一口馬主の制度の一種」として解釈することができます。

従来の他クラブの「一口馬主」の制度を利用した場合には、競走馬への出資は「40口・400口」が基本になりますが、「DMMバヌーシー」「2000口」がベースなので、初期投資の費用を1/5以下に安く抑えられるメリットがある違いを指摘できるのです。

まとめ

「DMMバヌーシー」「一口馬主」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「DMMバヌーシー」とは「DMM社が運営している最安で1万円から競走馬に出資することが可能な一口馬主のサービス」を意味していて、「一口馬主」「競走馬の所有権を小口に分割してその一部を保有(出資)している人・間接的に馬主になれる制度」のことを意味している違いがあります。

「DMMバヌーシー」「一口馬主」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典