スポンサーリンク

「DP」と「VMD」違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「DP」と「VMD」違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「DP」「VMD」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「DP」とは?

「DP」とは、「アパレル・スーパーなどの小売店におけるディスプレイ」を意味する略語です。

「DP」というマーケティング用語は、「その商品に対する興味関心を促進するような陳列・装飾・配置・並べ方」を示唆しているのです。

「DP」「ただ商品のアイテムを適当にお店に並べてディスプレイすること」ではなく、必ず「目的(顧客の興味・購買)・印象を意識したディスプレイ」になるように工夫しなければなりません。

「DP」に簡単なポップをつけたり季節感の出る飾り付けをしたりするだけでも、適当に並べた場合より格段に売上がアップすることも多いのです。

「VMD」とは?

「VMD」とは、「アパレルなど小売店において、ビジュアル(店内陳列などの見た目)で顧客に訴えて商品購入に結びつけようとするビジュアル・マーチャンダイジングのマーケティング」を意味している略語です。

「VMD」では、「お客様を入店させるために興味関心を引き付けるもの」「お客様が店内をどのような経路で動くのかの動線」を工夫したビジュアル重視のお店づくりを行っていきます。

「VMD」では、「商品の見せ方・陳列(並べ方)・装飾(飾り方)・季節感の演出などのビジュアル」を徹底的に作りこんでいきます。

「VMD」「店舗のビジュアル要素+AIDMAの法則」によって、顧客を「入店・回遊・質問・購入」へと誘導するようなマーケティングの方法を示唆しているのです。

「DP」と「VMD」の違い

「DP」「VMD」の違いを、分かりやすく解説します。

「DP」は、「VMD」という「ビジュアル(店の見かけ・見せ方)を活用した店内マーケティングの手法の一つ」であるという違いになります。

「DP」は、「店内に陳列している商品(アイテム)に対してお客様が興味関心を持ちやすくするディスプレイ」を意味しています。

「VMD」というのは、「DP(ディスプレイ)も含めたAIDMAのマーケティング手法を実装しながら、店内全体のビジュアルによる販売促進計画を推進するビジュアル・マーチャンダイジング」を意味している違いを指摘できます。

「VMD」は、「DP・店内装飾・顧客の目線や動きを考えながら、店内の商品をより売れやすくする販売計画のマーケティング」を示している用語なのです。

「DP」の例文

・『DPはアイテムを店内に並べるだけの単純な仕事に思えますが、実際は相当に奥が深い業務です。』

・『ポップの説明や店内の動線も含めたDPを工夫することで、お客様が商品を手に取ってくれる頻度が大きく変わります。』

「VMD」の例文

・『VMDの専門的なノウハウがあるスタッフを雇うことで、アパレルや小売の売上を飛躍的にアップさせることができます。』

・『コロナ禍の影響で実店舗に足を運んでくれるお客様が減ったため、さらに高度なVMDのマーケティングが求められています。』

まとめ

「DP」「VMD」の違いを説明しましたが、いかがでしたか?

「DP」「VMD」の意味する内容の違いについてリサーチしたいときは、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典