「Excel」と「Access」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「Excel」と「Access」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「Excel」「Access」の違いを分かりやすく説明していきます。

「Excel」とは?

「Excel(エクセル)」とは、「Microsoft(マイクロソフト)社が開発・販売している高機能な表計算ソフト」のことです。

「Excel」というのは、「Word(ワード)・PowerPoint(パワーポイント)・Access(アクセス)などと一緒にMicrosoft Officeにパッケージされたオフィス向けソフトウェア」です。

「Excel」では「スプレッドシートとマクロ関数」を用いることで、「複雑で高度な表・グラフの作成および計算・検索」「マクロ言語(VBA)を利用したアプリ開発」を行うことができます。

「Access」とは?

「Access(アクセス)」とは、「Microsoft社が開発・販売しているデータベース管理システムのソフト」のことです。

「Access」というのは、「Word(ワード)・Excel(エクセル)・PowerPoint(パワーポイント)などと一緒にMicrosoft Officeにパッケージされたオフィス向けソフトウェア」です。

「Access」では、「Access/JetやSQLサーバーなどのデータベースを活用したアプリケーション開発」を行うことができます。

「Excel」と「Access」の違い!

「Excel」「Access」の違いを、分かりやすく解説します。

「Excel」「Access」「Microsoft Officeというオフィススイーツ(オフィス向けソフト群)に含まれているソフトウェアの一つ」という意味では共通していますが、「Excel」というのは「マクロ言語(VBA)を使ったアプリ開発もできる表計算ソフト」のことです。

「Access」というのは「Excel」のような「表計算ソフト」ではなく、「小規模なアプリ開発もできるデータベース管理システムのソフト」であるという違いを指摘することができます。

まとめ

「Excel」「Access」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「Excel」とは「Microsoft Officeに含まれている表計算ソフト」を意味していて、「Access」「Microsoft Officeに含まれているデータベース管理システムのソフト」を意味している違いがあります。

「Excel」「Access」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典