スポンサーリンク

「holic(ホリック)」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「holic(ホリック)」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「holic(ホリック)」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「holic(ホリック)」とは?意味

他の語の下について、中毒、中毒のようになっているを意味する語です。

たとえば、「ワーカホリック」「アルコホリック」などがあります。

「ワーカホリック」とは、仕事を意味する語である“work”「ホリック」をつけた語で、家庭や自分の健康状態をかえりみず、仕事をやりすぎる状態を指しています。

「アルコホリック」とは、アルコール中毒のことです。

過度な不適切な飲酒習慣があり、自らコントロールできなくなっており、身体的な機能や社会生活に支障がでている場合は、治療を行っていきます。

「holic(ホリック)」の概要

「holic(ホリック)」は中毒や中毒のようになっている意を表す語で、他の語の下について使われます。

「ホリック」がついた語はさまざまあります。

たとえば、「チョコホリック」です。

チョコレートは、甘くてとろっとしていて、おいしい食べものです。

大好きだという人は少なくありません。

普通に好きだという程度なら、適度に食べるだけでチョコレートへの欲求は抑えられます。

適当な量を食べたら「もうこれでいいか」となります。

また、普通に好きだという人は、毎日食べたいというほどでもないでしょう。

毎日食べる場合でも、いつまでも食べ続けることはないはずです。

しかし、「チョコホリック」の人はそうではありません。

チョコレートへの依存度が高く、それなしではいられないような状態になっています。

毎日のようにチョコレートを食べる、一度に食べる量が多いといった人もいます。

チョコレートには、テオブロミンやカフェインなどが含まれています。

これらは脳に刺激を与え、満足感を与える成分です。

チョコレートには依存性はないとされていますが、食べ過ぎれば健康を害することがあります。

「holic(ホリック)」の言葉の使い方や使われ方

この言葉だけで使用されることはなく、他の語の下について使用されます。

他の語の下につくことで、前の語の中毒や、中毒のような状態になっていることを表します。

中毒というと悪い意味合いでとられることがありますが、「ホリック」とつく語が必ずしも悪い意味を持っているのではありません。

たとえば「コスメホリック」です。

これは、コスメが好きな人のことを指しています。

コスメが好きで情報を発信し、その情報が他の人に役立っていることがあります。

「holic(ホリック)」の類語や言いかえ

中毒が同じような意味の語です。

あるものへの依存度が高いことを表しています。

「活字中毒」とはいいますが「活字ホリック」ということはあまりなく、使われ方にやや違いがあります。

まとめ

「ホリック」とつく語はさまざまあり、それなしではいられないような状態を表しています。

たんにそのものが大好きだという意味でも使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典