「iターン」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「iターン」について

人口の流動は時代の流れを指し示すことがありますが、働き方に関しては特に地方で働きたいという方も増えてきています。

このような人口の動きをIターンと呼びますが、これは都心部で生まれた方が地方に移住をして働くという労働の流動性を指します。

主に都心部よりも自然が豊かであり、物価なども安いためにゆとりあるワークライフバランス過ごせるというメリットがあり、最近このような働き方が増えてきています。

「iターン」の意味

iターンという言葉は実際に考えるとターンをしていないという形式になっています。

これは前に作られたUターン現象を元にして作られた言葉であり、こちらは都心部へ上京をした後に出身地にターンして帰ってくる意味となっています。

これを参考にして作られたのがiターンという言葉であり、どちらも地方などで働くというスタイルを指し示しています。

地方など過疎化の問題を抱えている地方が活性化を目指して色々なiターン支援策などを行っており、成功例なども段々と増えてきています。

「iターン」の言葉の使い方

iターンの言葉は主に就職活動の求人条件に載っています。

Uターン・iターン歓迎という地方求人は最近増えてきていますし、最近だと団塊の世代を狙ったiターンの雇用や移住策なども多くなってきています。

都心部でのキャリア形成よりもライフスタイルの追求を考えた条件のものが多く、現代人の新しい働き方としての側面があります。

「iターン」を使った例文・短文(解釈)

iターンは地方求人などに多く使われていますが、これらの言葉が使われている例文をこれから見ていきたいと思います。

「iターン」の例文1

「iターンは主に出身地から離れた箇所で働くスタイルを指し示します」

主に都心部で生まれた方が地方求人などを探して移住をする働き方を示しますが、これは元々Uターンという言葉から生まれました。

このUターンは地方で育った人が都心部へと出た後にまた出身地に戻って仕事をするというライフスタイルになっています。

それと比べるとiターンは元々都心部に生活をしていた人が多く、全く縁がなかった地方へと働くこともあり大きな転機となることも少なくありません。

「iターン」の例文2

「iターンのメリットとしては、やはり地方都市への移住ということもあり自然豊かな環境で働けるという点でしょう」

都心部で仕事などはストレスも多いために、環境を変えてゆとりのある働き方を望んている人もiターンには多いそうです。

過疎化をした地方都市などもiターンを推奨する好条件を出しており、様々な労働支援や好条件などを提供しているので色々なメリットが双方にあります。

通勤時間なども減りますし学費なども地方ではコストが少なくなることも多く、家庭を持つ方にもiターンは人気があります。

「iターン」の例文3

「iターンには色々なメリットがあるのですが、同時にデメリットもあるのでしっかりと考える必要があります」

当然都心部よりかはお店や娯楽などは少なくなりますし、求人の件数なども絞られてきます。

地方でのiターンで農業などを希望して来る人も多いのですが、実際の仕事などがイメージと違って苦労することなども多いです。

しかし最近では働き方改革などもあり在宅ワークやテレワーク、ITやウェブ系の仕事は地方という枠組みにとらわれないこともあるので、自分に合った仕事なども見つけやすくなっています。

「iターン」の例文4

「iターンはライフワークスタイルなど大きな変化をすることもあり、実用的なメリットも沢山ありますが、それと同時に休日などの過ごし方なども都心部と違ったメリットがあります」

地方ならではの自然環境で趣味に没頭したり、あるいは地方ならではのコミュニティの暖かさなどに触れたりすることで、多様なライフスタイルを楽しむことができます。

子育てなども豊かな自然環境の中で色々なものを学べることもあり、家庭を持つ方にもiターンは色々なメリットがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典