「iPad」と「iPhone」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「iPad」と「iPhone」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「iPad」「iPhone」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「iPad」とは?

「iPad」の意味と概要について紹介します。

「iPad」の意味

「iPad」「あいぱっど」と読みます。

意味は「Apple社が販売するタブレット型のコンピュータのこと」です。

「iPad」の概要

「iPad」は、Apple社が販売する、タブレット型の薄型コンピュータのことを言います。

大きめの液晶ディスプレイで、モバイルOSを搭載、無線通信機能が使えます。

「iPad」は、本来は「iPhone」の画面を大きくしたものでしたが、次第に機能が進化してきて、現在では、通信機能はもちろんよりパソコンに近い感覚で使えるという点です。

その為にパソコンの代替えとして使われることも多く、モバイル端末としてビジネスマンが携帯しています。

「iPhone」とは?

「iPhone」の意味と概要について紹介します。

「iPhone」の意味

「iPhone」「あいふぉん」と読みます。

意味は「Apple社が販売する、完成度の高いスマートフォンのこと」です。

「iPhone」の概要

「iPhone」は、Apple社が販売するスマートフォンで、独自の「iOS」が搭載されています。

現在ではAndroidと人気を分けるスマホとなっています。

搭載されているアプリは全てApple社の製品であり、品質が高いことで定評があります。

ユーザーインターフェイスを統一しているので、機種変更をしても変わらずに操作できます。

また、柄やアクセサリーの種類が豊富でオシャレなことから、若い人に人気があります。

「iPad」と「iPhone」の違い!

「iPad」「Apple社が販売するタブレット型のコンピュータのこと」です。

「iPhone」「Apple社が販売する、完成度の高いスマートフォンのこと」です。

まとめ

今回は「iPad」「iPhone」の違いをお伝えしました。

「iPadはタブレット」「iPhoneはスマホ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典