スポンサーリンク

「npo」と「ngo」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「npo」と「ngo」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新聞を読んだりニュース番組を視聴していると、「npo」「ngo」という言葉を見聞きする事があります。

この2つの言葉の意味は何となくは知っているものの、どう使い分けるのか問われたら分からないという人が多いです。

今回はそんな「npo」「ngo」の違いを分かりやすく説明します。

スポンサーリンク

「npo」とは?

「npo」とは、お金儲けのために活動しない非営利組織を示す言葉です。

ただし比較的身近な地域に限定して、小規模で活動を行う団体を表す事が基本となっています。

具体的には、近隣地域の自然保護のために活動する団体や、不登校の子供が学べる様にフリースクールを運営する団体等です。

「ngo」とは?

「ngo」とは、政府や政府間の協定によらずに組織された民間団体を表す言葉です。

地球規模の問題に取り組んでいて、様々な国の人が協力し合って活動している事が少なくありません。

具体的には国境なき医師団や、国際赤十字といった団体です。

「npo」と「ngo」の違い

「npo」「ngo」は本来、対立する概念を持つ言葉ではないため、「npo」であると同時に「ngo」であるといった事も十分に有り得るのです。

ですが日本国内では、一般的に違いを明確にして使い分けをする事が少なくありません。

そんな「npo」「ngo」の違いを分かりやすく解説すると、地域や子育て等の身近な問題に取り組む団体を「npo」をと呼び、国際的な課題に取り組む団体を「ngo」と呼んでいます。

まとめ

「npo」「ngo」は、どちらも非営利の民間団体を示す言葉です。

元来この2つは、対立する言葉ではありません。

ですが日本では一般的に身近な問題に取り組む団体を「npo」と呼び、国際的な問題に従事する団体を「ngo」と呼んでいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典