「PR」と「アピール」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「PR」と「アピール」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「PR」「アピール」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「PR」とは?

「PR」の意味と使い方について紹介します。

「PR」の意味

「PR」「ぴーあーる」と読みます。

意味は「行政や企業、団体などが、望ましいとされるイメージや、活動内容、主義主張などについて、広く世間に知らせて理解や協力を求める活動のこと」「広告・宣伝活動」です。

「PR」の使い方

「PR」には以下の2つの意味があります。

1つ目は、元の意味で「行政や企業、団体などが、良いイメージ作りや社会的な活動、主義主張などを行い、広く世間に受け入れて貰おうとする活動のこと」という意味です。

行政や企業などが、一般の人達と良好な関係を築く為に、社会的な活動をしたり、ホームページなどで取り組みについての情報を提供することを言います。

「PR」“Public Relations”(公的関係)」の略語です。

2つ目は、元の意味から転じて「広告・宣伝活動」という意味で、企業だけではなく、個人に対しても就活の面接時に「自己PRをして下さい」などと使われます。

「アピール」とは?

「アピール」の意味と使い方について紹介します。

「アピール」の意味

「アピール」「人々や世間などに広く訴えること」「魅力があるとして人々に受け入れられること」「スポーツの試合で、選手が審判に抗議・要求すること」です。

「アピール」の使い方

「アピール」には以下の3つの意味があります。

1つ目は、「他人や社会に対して広く訴えかけること」という意味で、「あの議員は庶民の味方をアピールして当選した」などと使います。

2つ目は「魅力があり人を引き付けること」という意味で、「意中の男性に家庭的な面をアピールした」などと使われます。

こちらの意味は「PR」と似ていて、就活にも使われますが、「特に強調したい魅力的な面」という意味です。

3つ目は「スポーツの試合で、選手が審判に抗議すること」と言う意味で、「審判にアウトをアピールする」などと使います。

「PR」と「アピール」の違い!

「PR」「行政や企業、団体などの広報活動」「広告・宣伝活動」です。

「アピール」「人々や世間などに広く訴えること」「魅力があり人を引き付けること」「スポーツの試合で、選手が審判に抗議・要求すること」です。

まとめ

今回は「PR」「アピール」の違いをお伝えしました。

「PRは広告・宣伝」「アピールは自己主張」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典