スポンサーリンク

「probably」と「maybe」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「probably」と「maybe」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「probably」「maybe」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「probably」とは?

「probably」とは、「多分・おそらく」というある物事が起こる可能性を意味している副詞です。

「probably」は、「maybeよりもある出来事が起こる可能性が高い」という意味のニュアンスを持っています。

例えば、“He will probably win this game.”(彼は多分、この試合に勝つでしょう)などの英文で使用されます。

「maybe」とは?

「maybe」とは、「多分・~かもしれない」というある事象が起こる可能性を意味している副詞です。

「maybe」は、「probablyよりもある出来事が起こる可能性は低い・どちらかはっきりとは分からない」という意味のニュアンスを持っています。

例えば、“He will maybe win this game.”(彼はこの試合に勝つかもしれません)などの英文で使われます。

「probably」と「maybe」の違い!

「probably」「maybe」の違いを、分かりやすく解説します。

「probably」「maybe」はどちらも「多分・おそらくの可能性」を意味している英語の副詞ですが、「probably」のほうが「maybe」よりも「ある出来事(物事)が起こる可能性が高い」という違いがあります。

例えば、“Will she come to the meeting tomorrow?”(彼女は明日の会議に来ますか?)の質問に対して、「Probably.」なら「多分来ます」のニュアンスになり、「Maybe. 」なら「来るかもしれません」とやや可能性が落ちるニュアンスになる違いを指摘できます。

まとめ

「probably」「maybe」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「probably」とは「多分・おそらく」「maybeよりもある事象が起こる可能性が高い」を意味していて、「maybe」「多分・~かもしれない」「probablyよりもある事象が起こる可能性は低い」を意味している違いがあります。

「probably」「maybe」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典