スポンサーリンク

「symbol」と「sign」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「symbol」と「sign」の違い英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「symbol」「sign」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「symbol」とは?

「symbol」とは、象徴、記号、信条といった意味があります。

日本語でも「平和のシンボル」「あの学校出身ということが、ステータスシンボルとなる」などと使いますように、「symbol」は性質、考えなどを象徴する人や物といった意味になります。

音楽、科学、数学などで使う記号、符号といったものも「symbol」です。

また宗教など固く信じている事柄という意味でも「symbol」と言い表すことができます。

「sign」とは?

「sign」とは、大きく分けて「予兆」「目印」といった意味になります。

「予兆」としての「sign」は、前兆、兆し、気配、形跡といった意味合いです。

「目印」としての「sign」は、例えば道路の標識、標示、看板、貼り紙といったものになります。

他に身振りや手振り、信号、暗号などを使って相手に何かを伝えようとすることも「sign」です。

「symbol」と「sign」の違い

「symbol」「sign」は、どちらも何かを表している、伝わるといった意味合いでは共通しています。

ですが、その内容は違ったものですから混同しないように気をつけてください。

「symbol」とは、一言で言えば「象徴」で、人や物などに使います。

それを使う、見せる、表すことで、ある物事を理解することができるといったことですから、基本的にはわかりやすいものであると言えるでしょう。

また人や物だけでなく、マーク、絵、記号、文字なども「symbol」となる場合があります。

例えば、音楽の音符、元素記号、数学記号などは「symbol」です。

一方の「sign」は、気配、何かの印、前兆、目印、合図、といった方法をとって、相手に知らせる、気がつかせるといった意味で使います。

例えば、親指を立てる仕草をすれば、賛成、受容などを表していることになります。

言葉がなくても相手に自分の気持ちを伝えることができるわけです。

まとめますと、「symbol」は、象徴、シンボル、記号、符号という意味、「sign」は、合図、貼り紙、手振りなど何らかの方法を使って相手に伝えることという意味になります。

「symbol」の例文

・『a status symbol』(ステータスシンボル)
・『Au is the chemical symbol for gold』(Auとは、金を表す元素記号である)
・『a symbol of peace』(平和の象徴)
・『mathematical symbols』(数学記号)

「sign」の例文

・『There’s no sign of life』(ここには誰も住んでいる気配がない)
・『find no sign of cancer』(ガンの兆しは見られない)
・『a traffic sign』(交通標識)
・『give an OK sign』(OKの合図をする)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「symbol」「sign」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

「symbolは象徴」「signは表れ」と覚えておきますと、使い分け方が簡単になります。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して、使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典