スポンサーリンク

「Webクリエイター」と「システムエンジニア」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「Webクリエイター」と「システムエンジニア」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「Webクリエイター」「システムエンジニア」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「Webクリエイター」とは?

「Webクリエイター」とは、「ホームページやWebコンテンツを制作する職業のこと」です。

顧客から依頼を受けて、インターネット上に掲載するホームページやWebコンテンツをデザインした後、実際のページとしてWeb上に表現します。

SEO対策したり、顧客からの要望を受けて画像を掲載したりなど、制作作業全般です。

これらを作業する人で、ディレクターやプロデューサーなどの肩書が付いていない、一般職の人のことを「クリエイター」と呼ぶのです。

「システムエンジニア」とは?

「システムエンジニア」「システム設計する職業のこと」です。

上記で紹介したホームページやWebコンテンツなどを制作するのに必要となるシステムを作ります。

また顧客から依頼されて企業独自のシステムやWebアプリを開発することもあります。

顧客と何度も打ち合わせをしてシステムやアプリの構成を考え、プログラミングは「プログラマー」がしますが、作成したものシステムやアプリの動作確認まで行います。

もしも稼働後に不具合があれば、調整や修理もすることになります。

「Webクリエイター」と「システムエンジニア」の違い!

「Webクリエイター」「ホームページやWebコンテンツを制作する職業」です。

「システムエンジニア」「システム設計する職業」です。

まとめ

今回は「Webクリエイター」「システムエンジニア」の違いをお伝えしました。

「Webクリエイターはページを作る」「システムエンジニアはシステムを作る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典