「Webページ」と「Webサイト」と「ホームページ」と「ブログ」の違いとは?

スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Webページ」の意味とは?

「Webページ」とは、Webサイトを構成している一つ一つのコンテンツのページを意味しています。

「複数のWebページ」が集合したものが「Webサイト」になりますが、「Webページ」というのは「固有のURL(“Uniform Resource Locator”)・URI(“Uniform Resource Identifier”)」を持っている個別ページを意味する概念なのです。

例えば、「www.abc001.co.jp」というWebサイトがあると仮定すると、そのWebサイトの中の一つのページを指し示す「www.abc001.co.jp/contents01.html(この固有名がURLあるいはURIと呼ばれるものです)」というのが具体的な「Webページ」の一つになります。

「Webサイト」の意味とは?

「Webサイト」とは、インターネット全体を示す「WWW(“World Wide Web”=ワールド・ワイド・ウェブ)」上で、特定のドメインで運営されているWebページ全体のことを意味しています。

「Webサイト」とは、「www.abc001.co.jp」「www.supergrade.com」などのドメインで表現されるコンテンツ全体を意味する概念として理解することができます。

「Webサイト」は、「サイト」「ホームページ」と呼ばれることもありますが、「ホームページ」は厳密には誤用になります。

「ホームページ」の意味とは?

「ホームページ」とは、ChromeやEdge、IE、Firefoxなどのブラウザを立ち上げた時に、「最初に表示されるページ」を意味しています。

ブラウザの設定画面を開くと、必ず「ホームページの設定の項目」がありますが、この場合は「ブラウザを起動した時に最初に表示されるページ」のことを意味しているのです。

その後のインターネットの歴史やマスメディアのWebサイト紹介の仕方によって、「ホームページ」という言葉は「Webサイト」「Webサイトのトップページ」という意味で使用されることも多くなりました。

しかし、元々の「ホームページ」の正しい意味は、「ブラウザ起動時に最初に表示されるWebページ」のことなのです。

「Webページ」と「Webサイト」の違い

「Webページ」「Webサイト」の違いは、「Webサイト」は複数のWebページから構成されているコンテンツ全体(WWW上のドメイン)を意味しているが、「Webページ」はWebサイトの中に含まれる一ページだけを意味しているという違いになります。

例えば、「www. abc001. co. jp」というドメインの「Webサイト」がある時に、その中の一ページを示す「www.abc001.co.jp/contents01.html」「Webページ」であるということになります。

「Webページ」と「ホームページ」の違い

「Webページ」「ホームページ」の違いは、「Webページ」「Webサイトを構成している一つのページ(コンテンツ)」を意味しているが、「ホームページ」の方は「ブラウザを起動した時に最初に表示されるWebページ」を意味しているという違いになります。

ブラウザで設定できる「ホームページ」は原則として一つのページだけですが、インターネット上に公開されている「Webページ」は無数にあるという違いもあります。

「ホームページ」という言い方は誤用が多い?

「ホームページ」という言い方は、インターネットの歴史の中で誤用が多くなったことでも知られています。

「ホームページ」の正しい意味は「ブラウザを起動した時に最初に表示されるWebページ」なのですが、「ホームページを、Webサイト一般を意味する言葉として使用する誤用」が非常に多くなっているのです。

「ホームページ」の言葉を、「Webサイトと同じ意味で使うこと」「Webサイトを構成するトップページ(. html)の意味で使うこと」は誤用なのです。

「ブログ」と「Webサイト」に違いはある?

「ブログ」「Webサイト」にはいくつかの違いがあります。

最大の違いは「Webサイト」は原則として「XML(HTML)で書かれる静的コンテンツ」であるのに対して、「ブログ」「複雑なプログラム(PHPなど)で作られる動的コンテンツ」であるということです。

しかし、ユーザーがコンテンツを作成する場合には、Webページを手作りする部分が多い「Webサイト」よりも、決められた場所に書き込んだり写真をアップするだけで良い「ブログ(特にブログサービス)」の方が簡単にできるという違いもあります。

現在の「ブログ」“WordPress”(ワードプレス)」というソフトウェアをサーバーにダウンロードして利用する形式が増えています。

また「ブログ」は時系列に沿った日記的な公開方法が多いのに対して、「Webサイト」は公開日時にこだわらない独立したコンテンツの集合であることが多いという違いもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典