「化物語」と「偽物語」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「化物語」と「偽物語」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「化物語」「偽物語」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「化物語」とは?

「化物語(ばけものがたり)」とは、「2006年11月(上巻)と12月(下巻)に発売された怪異・ファンタジー・笑いの要素がある西尾維新のミステリー小説」のことです。

「化物語」では、吸血鬼に襲われて特殊能力を獲得した高校三年生の阿良々木暦(あららぎこよみ)が主人公となり、ヒロインの戦場ヶ原ひたぎ(せんじょうがはらひたぎ)とも協力しながら、さまざまな怪異現象や不思議な謎を解き明かしていくようなストーリーになっていまうs。

「偽物語」とは?

「偽物語(にせものがたり)」とは、「2008年9月(上巻)と2009年6月(下巻)に発売された西尾維新が書いた化物語の続編」のことです。

「偽物語」では、阿良々木暦の大きい方の妹・火憐(かれん)と小さい方の妹・月火(つきひ)が主人公に設定されています。

本作では、「偽物・本物・正義」をテーマにして、夏休み中の不思議な出来事が題材にされています。

「化物語」と「偽物語」の違い!

「化物語」「偽物語」の違いを、分かりやすく解説します。

「化物語」「偽物語」はどちらも西尾維新が書いた青春・怪異と謎・笑いの要素が詰め込まれたミステリー小説という意味では共通していますが、「化物語」は2006年11月(上巻)と12月(下巻)に発売されていて、「偽物語」のほうは「化物語の続編」として2008年9月(上巻)と2009年6月(下巻)に発売されている違いがあります。

「化物語」では、私立直江津高校三年生の男子生徒でクラスの副委員長でもある「阿良々木暦(あららぎこよみ)」が主人公、暦が助ける戦場ヶ原ひたぎ(せんじょうがはらひたぎ)がヒロインになっています。

「偽物語」のほうは、阿良々木暦の二人の妹である火憐(かれん)と月火(つきひ)が主人公になっている違いを指摘できます。

まとめ

「化物語」「偽物語」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「化物語」とは「西尾維新が書いて2006年11月と12月に発売された怪異要素の強いミステリー小説」を意味していて、「偽物語」とは「西尾維新が書いた化物語の続編で、2008年9月と2009年6月に発売された怪異要素の強いミステリー小説」を意味している違いがあります。

「化物語」「偽物語」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典