カラーリングの「ハイライト」と「バレイヤージュ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ハイライト」と「バレイヤージュ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、カラーリングの「ハイライト」「バレイヤージュ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ハイライト」とは?

「ハイライト」の意味と概要について紹介します。

「ハイライト」の意味

「ハイライト」「髪を染める時に、束を取りラインを作る様に染めていくやり方のこと」を言います。

「ハイライト」の概要

「ハイライト」は、イギリス発祥のカラーリングで、髪を束に取り、ラインを作る様に染めていくことを言います。

束に取った部分をアルミで包んで染めていきます。

しっかりとラインが入るので、うねる様な動きが加わり、髪にボリュームが出ます。

全体的に染めるよりは目立たず、上品に仕上がります。

「バレイヤージュ」とは?

「バレイヤージュ」の意味と概要について紹介します。

「バレイヤージュ」の意味

「バレイヤージュ」は、「髪を染める時に、根元から毛先にいくに従って、グラデーションになる様に染めるやり方のこと」です。

「バレイヤージュ」の概要

「バレイヤージュ」は、フランス語で「ほうきで掃く」という意味で、髪の表面にほうきで掃く様にカラーリング剤を付けていくやり方のことを言います。

「ハイライト」との違いは、はっきりしたラインを出さないという点です。

「グラデーション」との違いは、根元から全体的にぼかす様に染めていくという点です。

つまり、「バレイヤージュ」「ハイライト+グラデーション」であり、明るいカラーが乗ることで、髪の毛に立体感が出ます。

根元が伸びて黒くなって来てもあまり気にならないというメリットがあります。

カラーリングの「ハイライト」と「バレイヤージュ」の違い!

「ハイライト」「髪の毛に明るいカラーでラインを入れる染め方」です。

「バレイヤージュ」「髪の根元から毛先にグラデーションを入れる染め方」です。

まとめ

今回はカラーリングの「ハイライト」「バレイヤージュ」の違いをお伝えしました。

「ハイライトはライン状」「バレイヤージュは毛先にかけてのグラデーション」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典