スポンサーリンク

ゲームでの「キャリー」とビジネスでの「キャリー品」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キャリー」とビジネスでの「キャリー品」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ゲームでの「キャリー」とビジネスでの「キャリー品」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

ゲームでの「キャリー」とは?

ゲームでの「キャリー」とは、誰かを助けるまたは助けられると言う意味で使用されます。

「キャリーしている」と言えば自分よりレベルの低いプレイヤーをサポートしてレベルを上げる手伝いをしているという事になり、「キャリーされている」となれば、逆に高レベルのプレイヤーにレベル上げを手伝ってもらっているということを指します。

ゲームでの「キャリー」は、自分自身の力で成長する訳ではありませんので、あまりいいイメージで使われません。

一人で頑張って時間をかけて成長したプレイヤーからすれば、高レベルの力を借りて楽に成長しようとする「キャリー」という行為は良く思われないのは当然かもしれません。

「キャリー」はしばし「寄生」しているとも言われる事もあり、酷い場合は「寄生虫」などと言われてしまう場合もあります。

ビジネスでの「キャリー品」とは?

ビジネスでの「キャリー品」とは、主にアパレル業界で使用される言葉で、予定されていたシーズンや旬が過ぎた物を引き続き販売する事を言います。

季節に関係なく着る事ができるTシャツなどは「キャリー品」になる場合が多く、定番や人気商品など季節やシーズンに捕らわれる事なく販売できる商品に対して使用されます。

ゲームでの「キャリー」とビジネスでの「キャリー品」の違い

両語とも「キャリー」という言葉が含まれていますが、ゲームで使用されるか、ビジネスで使用されるかによって意味はまったく違います。

ゲーム中で使われるならば、高レベルプレイヤーが低レベルのプレイヤーを手助けし、楽にレベル上げをすることを指し、ビジネス上であれば季節やシーズンの旬を過ぎても販売される定番商品の事を指します。

まとめ

ゲーム上での「キャリー」は、他の高レベルプレイヤーの手を借りて楽にレベルを上げる事を指しますので、他のプレイヤーから嫌われがちな行為です。

ビジネス上での「キャリー品」は旬を超えても販売できる商品の事です。

似ている言葉ではありますが、ゲーム上であるか、ビジネス上であるかにより全く意味が違いますので注意して使用しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典