スピリティアル用語「守護霊」と「ガイド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「守護霊」と「ガイド」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、スピリティアル用語「守護霊」「ガイド」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

スピリティアル用語「守護霊」とは?

「守護霊」「しゅごれい」と読みます。

意味は「ある人をいつも見守ってくれる霊のこと」です。

どんな人にも必ず1人に1体の「守護霊」がつき、その人と最も関わりが強く、母親の胎内に宿った瞬間から決まります。

一生を通して変わらずに、その人の魂を見守り、寄り添ってくれる霊なのです。

日常的に感じることはありませんが、悪いことが起きそうな時には予兆を起こして導いてくれることもあります。

スピリティアル用語「ガイド」とは?

「ガイド」「指導霊」とも呼ばれ、「ある人の人生について様々なサポートしてくれる霊のこと」です。

その人の職業や目標などについて、どの様にしたら良いかなどを指導してくれます。

そ能力に応じた「ガイド」が付き、様々な気付きや積極性などを与えてくれて、より成長すると違う「ガイド」に代わっていきます。

つまり、「ガイド」は一生のうちで何度か変わっていくものです。

スピリティアル用語「守護霊」と「ガイド」の違い!

「守護霊」「ある人をいつも見守ってくれる霊のこと」です。

「ガイド」「ある人の人生について様々なサポートしてくれる霊のこと」です。

まとめ

今回はスピリティアル用語「守護霊」「ガイド」の違いをお伝えしました。

「守護霊は見守ってくれる霊」「ガイドは導いてくれる霊」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典