ダウンの種類の「グース」と「ダック」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「グース」と「ダック」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ダウンの種類の「グース」「ダック」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

ダウンの種類の「グース」とは?

ダウンの種類の「グース」の意味と概要について紹介します。

ダウンの種類の「グース」の意味

ダウンの種類の「グース」「ガチョウの羽毛のこと」です。

ダウンの種類の「グース」の概要

ダウンの種類の「グース」は、「グースダウン」とも呼ばれ、「がちょう」の羽毛のことを言います。

「がちょう」とは欧米で飼育されている「ハイイロガン」や、アジアやアフリカで飼育されている「サカツラガン」のことです。

どちらかというと食肉用と、フォアグラ用として飼育されていることが多く、羽毛は2次利用と言えます。

「グース」「ダック」よりも体が大きく、その分大きなダウンボールが採れます。

ダウンボールはハリとコシがあり、軽量でもボリュームが出ます。

しかも「グース」は草食なのでにおいが少なく、「ダック」よりも高価になります。

ダウンの種類の「ダック」とは?

ダウンの種類の「ダック」の意味と概要について紹介します。

ダウンの種類の「ダック」の意味

ダウンの種類の「ダック」は、「あひるの羽毛のこと」です。

ダウンの種類の「ダック」の概要

ダウンの種類の「ダック」は、「ダックダウン」とも呼ばれ、「あひる」の羽毛のことを言います。

「あひる」は、「マガモ」が家畜化されたもので、ヨーロッパや中国、東南アジアでは食肉用や採卵用として飼育されています。

「ダック」「グース」よりも体が小さいのでダウンボールも小さくなり、ボリュームを出そうすると重たくなります。

また、「ダック」は雑食なので、「グース」よりも体脂肪が付き易く、におい易くなります。

ダウンの種類の「グース」と「ダック」の違い!

「グース」「がちょうの羽毛のことで高品質」です。

「ダック」「あひるの羽毛のことで値段が安い」です。

まとめ

今回はダウンの種類の「グース」「ダック」の違いをお伝えしました。

「グースはがちょう」「ダックはあひる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典