スポンサーリンク

ビジネスでの「外的要因」と「内的要因」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「外的要因」と「内的要因」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ビジネスでの「外的要因」「内的要因」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

ビジネスでの「外的要因」とは?

ビジネスでの「外的要因」とは、企業の外で起こっている変化の事を指します。

「外的要因」に大きく影響する、「政治的」「経済的」「社会的」「技術的」の頭文字を取った「PEST分析」という造語も存在します。

「政治的」な例は法強化や規制緩和などによる影響で、消費税が変わるといったものが典型的な例です。

「経済的」の分かり易い例は2008年のリーマンショックなどです。

「社会的」なものに関しては市場の流行や、価値観の変化などにより要因が企業の経営に影響を及ぼす事を指します。

「技術的」な例として、インターネットの普及により進んでいるデジタル化の波は企業にとって大きな影響となります。

これらの「外的要因」というのは企業側では対応することが難しく、その影響を強く受けた場合の損失は増大で、対応できない企業は衰退してしまいます。

1990年代に起こったバブル崩壊なども典型的な「外的要因」と言えるでしょう。

ビジネスでの「内的要因」とは?

ビジネスでの「内的要因」とは、「外的要因」とは異なりコントロールする事が可能です。

例えばいかに優れた人材を育て、ノウハウやスキルを学習させるのかという事が企業の成長に大きな影響を及ぼします。

また企業規則の内容によっても「内部要因」は影響を受けます。

例えば、サービス残業が横行してしまっていたり、パワハラなどの問題が日常的に起こっていたら、働く側にとってはマイナスでしかありません。

そのようなマイナス思考の社員が多い会社は、成長に悪い影響を与えてしまいます。

また、自社ブランドが強力であったり、特許取得などの強みがあったりする場合も、その強みを生かすことで企業成長を見込めます。

このように、企業側がある程度コントロールできる事について「内的要因」と呼ぶのです。

ビジネスでの「外的要因」と「内的要因」の違い

ビジネスにおいての「外的要因」とは、企業側がコントロールすることが困難な、政治や経済、社会環境や技術と言った外部の出来事などが大きく企業方針に影響を与える事を指します。

一方「内的要因」とは企業側がある程度コントロールができます。

「内的要因」がコントロールされている企業ほど、成長戦略が上手くいっていると言っても過言ではありません。

まとめ

企業の成長には政治的な影響や、経済的な影響、そして技術や社会的な影響を多く受けます。

その外部からの影響を「外的要因」と言い、企業はこれをコントロールできず、思いもよらない被害を受けてしまう場合があります。

そこで人材や就業環境などの「内的要因」を変える事で企業は経営をコントロールしているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典