スポンサーリンク

プロ野球の「支配下選手」と「育成選手」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「支配下選手」と「育成選手」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「支配下選手」「育成選手」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「支配下選手」とは?

「支配下選手」は一軍に配属されている選手軍をさし、すぐにでもプロ野球選手として、テレビ中継をされている野球を行うことができる選手です。

そのため、「支配下選手」は球団の支配下にある選手で行ってしまえば、球団がお抱えしている選手人で、球団の意向をもろに受ける選手でもあるのです。

「支配下選手」の使い方

「支配下選手」の使い方は、球団にとってプロ野球中継で活躍する選手となるわけですから、使い道はプロの野球選手でテレビ中継をしている試合で活躍してもらうことです。

ですが、注意すべくは、「支配下選手」は必ずしも、球団選手となったからと言って安泰なわけではありません。

戦力に満たないと判断した場合、2軍落ちし、「支配選手」ではなくなることもありますので「支配下選手」は一度登録されたからといって安心してプロ野球生活を送る選手ではないのです。

「育成選手」とは?

「育成選手」は一軍以外で活躍している選手で、言ってしまえば球団が抱えているテレビ中継を受けない予備の選手人です。

つまり、一軍となり前線で活躍できる可能性がある選手人になり、年俸が少ないが一応プロの野球選手人である方々を「育成選手」と呼びます。

また、自由契約になった選手人も、「育成選手」となり、お声がかかり一群の選手となれば、「支配下選手」となるのです。

「育成選手」の使い方

「育成選手」の使い方は、球団を補強する名目で雇い入れる選手人です。

そのため、プロ野球のテレビ中継で活躍している前線選手を雇い入れるお金が球団にない場合、2軍の「育成選手」を迎え入れることで球団の選手獲得の支出を抑えるわけです。

「支配下選手」と「育成選手」の違い

「支配下選手」「育成選手」の違いですが、テレビ中継で活躍する選手であるか、2軍またはそれ以降の選手であるかという違いです。

そのため、年俸が1軍と2軍とでは異なり、年俸というものも「支配下選手」のほうが多いため、年俸も違いがあります。

まとめ

「支配下選手」「育成選手」の違いですが、「支配下選手」は一軍の選手で年俸がかなり多いです。

半面「育成選手」はというと、1軍以下の選手で育て上げて一群になるため特訓をする選手であるため、年俸が少ないという違いがあります。

また、プロで前線で戦っていた選手が戦力外となった場合、「自由契約」となるのですが、この「自由契約」も広い意味では「育成選手」になりどこか他球団が選手として引き取るのを待っている選手なのです。

むろん、「育成選手」から再度一軍の「支配下選手」となる選手もいますが、中には「育成選手」のままで野球人生を終える人もいますので、実質「育成選手」とはプロの野球選手ではなく、実力が不足している野球選手として見られてしまうのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典