ボクシング「ko」と「tko」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ko」と「tko」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ボクシング「ko」「tko」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

ボクシング「ko」とは?

「ko」の意味と概要について紹介します。

「ko」の意味

「ko」「ボクシングの試合中に10秒以上経過しても起き上って来ない、又は3回ダウンした場合に、勝敗が決まること」です。

「ko」の概要

「ko」は、ボクシング用語で「knockout(ノックアウト)」を省略した言葉です。

試合中に、一方の選手が相手の選手に攻撃を加えて相手が倒れ、10秒経っても起き上らなかった時、または1つのラウンドで3回ダウンした時に、試合続行不可能となり勝敗が決まることを言います。

通常倒れても10秒以内に立ち上がり、構えを見せることで試合が続行されるのですが、倒れたまま起き上がってこないとその時点で相手の勝利になります。

勝者側は「ノックアウト勝ち」であり、敗者側は「ノックダウン負け」と呼ばれます。

ボクシング「tko」とは?

「tko」の意味と概要について紹介します。

「tko」の意味

「tko」「ボクシングの試合中に、レフェリーやセコンドにより試合続行不可と判定され、勝敗が決まること」です。

「tko」の概要

「tko」「technical knockout(テクニカルノックアウト)」を省略した言葉です。

試合中に、明らかに実力差があり過ぎてこれ以上試合ができないと思うばあい、セコンドがタオルを投げ入れます。

また、レフェリーが試合続行不可と判断したり、選手にとって危険であると医師が判断してドクターストップがかかった時などに、試合を終了させて勝敗が決まることです。

ボクシング「ko」と「tko」の違い!

「ko」「10カウント以内に起き上がれなかったり、3回ダウンした場合に勝敗が決まること」です。

「tko」「レフリーやセコンドが試合続行不可能と判断したり、ドクターストップがかかった場合に勝敗が決まること」です。

まとめ

今回はボクシング「ko」「tko」の違いをお伝えしました。

「koはノックダウン」「tkoは強制終了」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典