マネジメントの「ポーター」と「ドラッカー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ポーター」と「ドラッカー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、マネジメントの「ポーター」「ドラッカー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ポーター」とは?

「ポーター」とは、アメリカの経営学者・ハーバード大学経営大学院教授のマイケル・ポーター(1947年~)のことです。

マイケル・ポーターはマネジメント・経営学の分野で、競争優位を築くための戦略を分析した「競争の戦略」という古典的名著を書いています。

ポーターの主な競争戦略には、「コストリーダーシップ戦略(安売りの戦略)・差別化戦略(他社にない商品・サービスを高い価格で売る戦略)・集中戦略(特定市場・特定顧客だけをターゲットにして資源を集中投下する戦略)」の3つがあります。

「ドラッカー」とは?

「ドラッカー」とは、「マネジメントの発明者」と呼ばれている、オーストリアで生まれてアメリカで経営学者として活躍したピーター・ドラッカー(1909年~2005年)のことです。

ドラッカーのマネジメント論は「全体主義を否定する自律的・民主的な会社組織の管理・経営」を中心にしていて、「仕事による成果をあげるために会社にとってどのような貢献ができるか」を各人が考えることで企業は最大の成果を出せるとしています。

ドラッカーの著書には「マネジメント」「経営者の条件」と並んで「プロフェッショナルの条件」もあり、「自己の強み・長所」を自覚して「自分を活かせる環境」に行くことで、プロフェッショナルとしての仕事ができると述べています。

「ポーター」と「ドラッカー」の違い!

マネジメントの「ポーター」「ドラッカー」の違いを、分かりやすく解説します。

「ポーター」「ドラッカー」「マネジメント・企業経営と関連している経営学者」であるという点は 類似していますが、1909年生まれですでに死去しているピーター・ドラッカーはマイケル・ポーターよりも古い時代の人で、「マネジメントの発明者」として認識されている違いがあります。

ポーターという経営学者は「企業・国家がどうすれば競争で優位に立てるのかの競争戦略」を中心とした研究・主張で知られていますが、ドラッカーのほうは「全体主義的な手法ではない自律的で民主的な企業の経営方法(部下の管理手法)・プロフェッショナルになるための条件」で知られているという研究内容・著書の内容の違いを指摘することができます。

まとめ

マネジメントの「ポーター」「ドラッカー」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ポーター」とは「企業・国家が優位に立つための競争戦略を分析したマイケル・ポーター」を意味していて、「ドラッカー」「マネジメントの発明者と呼ばれている、自律的・民主的な企業組織の管理・経営の方法を考えたピーター・ドラッカー」を意味している違いがあります。

「ポーター」「ドラッカー」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典