スポンサーリンク

不動産の「多店舗展開型」と「地域密着型」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「多店舗展開型」と「地域密着型」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、不動産の「多店舗展開型」「地域密着型」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

不動産の「多店舗展開型」とは?

不動産の「多店舗展開型」の意味と概要について紹介します。

不動産の「多店舗展開型」の意味

不動産の「多店舗展開型」「たてんぽてんかいがた」と読みます。

意味は「複数の地域に支店があり、それぞれの支店と連絡を取りながら物件を探せる不動産業者のこと」です。

不動産の「多店舗展開型」の概要

不動産の「多店舗展開型」は、全国各地に複数の店舗があり、それぞれの支店と情報交換しながら物件を探せる不動産業者のことを言います。

まだ引越しをしていない時に、現在住んでいるところの業者から移転先の業者に連絡して物件を探して貰ったり、ある駅だけではなく、隣駅の支店で物件を探して貰ったりできます。

店舗は駅前などアクセス便利なところもあり、知名度が高い分安心できます。

ただし、判断に困るほど数多くの物件を紹介されたり、予算よりも高めの物件ばかりを紹介してくる場合もあります。

不動産の「地域密着型」とは?

不動産の「地域密着型」の意味と概要について紹介します。

不動産の「地域密着型」の意味

不動産の「地域密着型」「じもとみっちゃくがた」と読みます。

意味は「その地域に昔からあり、地域の情報に詳しく非公開物件なども持っている不動産業者のこと」です。

不動産の「地域密着型」の概要

不動産の「地域密着型」は、その地域に昔からあり、地域の情報に詳しく、非公物件ども持っている不動産業者のことを言います。

地元で顔が利くので、大家とも顔なじみのことが多く、これから立ち退き予定など、まだ公開されていないお得な物件の情報が入ることもあります。

また、直接大家と家賃やエアコン取り付けなどを交渉してくれる場合もあります。

担当エリアは狭く、最寄駅付近であることがほとんどです。

不動産の「多店舗展開型」と「地域密着型」の違い!

「多店舗展開型」「複数の地域に支店があり、それぞれの支店と連絡を取りながら物件を探せる不動産業者のこと」です。

「地域密着型」「その地域に昔からあり、地域の情報に詳しく非公開物件なども持っている不動産業者のこと」です。

まとめ

今回は不動産の「多店舗展開型」「地域密着型」の違いをお伝えしました。

「多店舗展開型はカバー範囲が広い」「地域密着型は地元の情報に強い」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典