スポンサーリンク

仕事における「ダブルヘッダー 」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
仕事における「ダブルヘッダー 」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ダブルヘッダー」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ダブルヘッダー」とは?意味

「ダブルヘッダー」は、お仕事を掛け持ちする人のことを指し、簡単に言えばアルバイトの掛け持ちです。

一つのアルバイトでは生活費が捻出できないの他もっとお金が欲しいという就業者の方がお仕事を掛け持ちすることを「ダブルヘッダー」と呼びます。

なお、「ダブルヘッダー」は農家の方などにもみられ、自分の農家のお仕事が終われば他所の牧場などを訪れお仕事をするなど2つのお仕事を掛け持ちすることも「ダブルヘッダー」です。

その為、定義上では、アルバイトに限らず労働者であればお仕事を掛け持ちして2つの会社や個人からお金を得ていれば、「ダブルヘッダー」となります。

「ダブルヘッダー」の概要

「ダブルヘッダー」という働き方は、実は労働基準法に当てはめると労働基準法の違反となるケースが多く、一日8時間以上の労働を行う場合、最後の労働場所となる場所で8時間の就業時間を超えてしまう場合、就業時間8時間を超えた分は1割の割増料金を支払わないと労働先が処罰される対象となっています。

その為、ダブルワークを可能としている企業は、どちらがその一割の割増料金を支払うことにあるかを労働時間のシフトから判断し、料金の割増を行うのが正しい労働法です。

ただ、この労働法を守ることは義務でありますが、一割の負担という物が大きくなるが故、あえて就業時間を短くしてダブルワークを可能としてお仕事に常時する人物を探しているのは、企業側がその一割の負担を抑えたいが故であると言えます。

ダブルワーク前提で働くお仕事は最高でも4時間程度である物が多いのは、そうした理由で、一つの会社で4時間、もう一つの会社で4時間働けば合計で8時間で労働基準法に違反しないが故一割増しで雇用する必要性が生まれないというのが「ダブルヘッダー」という働き方です。

「ダブルヘッダー」の言葉の使い方や使われ方

「ダブルヘッダー」は、バイトを掛け持ちしている人を指すために使用します。

「ダブルヘッダー」を使った例文

・『朝は4時間の郵便の仕分け、昼は、4時間の清掃のお仕事をダブルヘッダーで行う』

この例は、お仕事の掛け持ちを4時間ごとに行い、合計8時間働くという意味です。

「ダブルヘッダー」はバイトの掛け持ちや本業の掛け持ちのことで、労働基準法があるが故、この例では8時間までの就業としています。

まとめ

「ダブルヘッダー」は企業からしてみれば、デメリットがある存在であると言え、その理由は労働基準法により、9時間の労働においては料金を割り増しで一割して雇用するという都合上、どうしても8時間までの労働に抑えたいという思惑があります。

その為、ダブルワーク可のお仕事は、最高で4時間までの就業とし、もう一つの勤め先も同様に4時間として合計8時間とすることで就業における料金の割増を回避しているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典