スポンサーリンク

卓球の「バックドライブ」と「チキータ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
卓球の「バックドライブ」と「チキータ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「バックドライブ」「チキータ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「バックドライブ」とは?

「バックドライブ」は、卓球台の下からバックハンドで繰り出すボールに上回転をかける手段です。

この手法は、通常のフォアハンドの返しであるバックハンドでも強い回転を掛けることにありますが、問題としては、準備時間に何があり、卓球台の下にラケットを忍び込ませるという時間を有し、対戦相手側もそれを肉眼で確認した場合、上回転のボールが飛んでくると即座に認識します。

「チキータ」とは?

「チキータ」は、バックハンドで繰り出す、卓球台の上で繰り広げる技で、ラケットを平面にできるだけ近づけたうえで、バックハンドで球を削るように打ち出す技です。

この技の利点は、卓球台の上で成立することと、相手側ノン式はただのバックハンドで球を返すという認識を持つため、強烈なスピンはかかっていないと錯覚することです。

「バックドライブ」と「チキータ」の違い

「バックドライブ」「チキータ」の違いは、球の回転方向が異なり、「バックドライブ」は上回転のみの強力なスピンであるに対して、「チキータ」は横回転と上回転が合わさった回転です。

「バックドライブ」の例文

・『バックドライブは、打つ瞬間がラケットが台座の下にあるが故、チキータと区別しやすい』
この例は、卓球における技の違いを見た場合、「バックドライブ」は、原理上回転をたまにかける際台座の下からラケットをこするが故「チキータ」と区別した場合別物だという例です。

「チキータ」は、台座の上で手首を使用してスピンをかけるため台座と台の下の違いを見ておくとよいでしょう。

「チキータ」の例文

・『チキータは、台座の上で成立するためカットマンとは相性が悪い』
この例は、原理上の問題の話で、「チキータ」は台座の上で成立しますので、実はロングサーブや台座ぎりぎりを狙うカットマンというタイプとは相性が悪いという話です。

「チキータ」は、台座の上でかつ早急に自分が撃ち返してよいエリアに球が落ちた場合即座に使用することができる戦法ですが、カットマンはこれを封じることが可能で、安易に「チキータ」を打つことができず、カットマン自身も強力なスピンを多用する人物であるが故相性がとても悪いのです。

まとめ

「バックドライブ」「チキータ」は、球の速さにおいては、「バックドライブ」の方が高速ですが、問題においては、準備期間と球がロングコースでないと成立しません。

逆に「チキータ」はその逆でショートコースでないと成立しにくい上、回転を得意とする選手においては威力が相殺されてしまうという欠点があります。

その為、両者の先方は対関係にあると言え、準備が必要だが強力なスピンで相手を倒すのが「バックドライブ」、即座に打ち出して相手の意外性を突くのが、「チキータ」ですが、両者ともに対策は実は可能で、バックドライブは、相手陣地の手前に落とす、「チキータ」はその逆をすれば対策が可能です。

もっと言えば、「バックドライブ」は、球がかなり上に打ちあがっていないとタイミングが取りずらいため、強力なスピンで距離を落とせば相手側は「バックドライブ」を使用できません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典