スポンサーリンク

中古車の「ワンオーナー品」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
古車の「ワンオーナー品」とは?ビジネス用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ワンオーナー品」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ワンオーナー品」とは?意味

「ワンオーナー品」とは、中古車の中で「中古車として売りに出されるまで、一人(ワン)の所有者(オーナー)にのみ、乗られていた車」を指す言葉です。

すなわち、中古車として初めて市場に出た車を意味する言葉と言えます。

中古車販売の店舗やサイトでしばしば見かける事のある言葉です。

「ワンオーナー品」の概要

「ワンオーナー品」は前項で記載した様に、「新車購入から一人のオーナーにより使用され、初めて中古車として売りに出された車」を指すと記しましたが、所有登録が1回だけであっても、レンタカーやリース車や事業用車はワンオーナー車と扱われる事はありません。

これは、所有登録が一人の人であっても、実際に運転して利用する人が一人ではなく不特定多数であるためです。

中古車市場で、「ワンオーナー品」が特別明示して販売されているのは、中古車として多くの人が乗り継いできた車に対して、いくつかのメリットが考えられるからです。

少し言葉の意味からはそれますが、そのメリットについて記載しておきます。

メリットとしては、一人のオーナーが新車として購入し、大切に乗ってきたことが推察され、整備や点検やメンテナンス等がしっかり行き届いている可能性が高い点が挙げられます。

すなわち、車の型式が古くても、走行距離が長くても、その割に良質な中古車である事が多いと言えるからです。

「ワンオーナー品」を手に入れる方法としては、車に愛着を持っている友人から譲り受けると言う方法もありますが、好みの車種で、そんな巡り合わせを得る事は、ほとんど期待できないでしょう。

一般的には中古車販売サイトで、エリアや車種でまず絞り込み、その中から「ワンオーナー品」と記載されているものをチェックするという方法がお勧めです。

サイトによっては、「ワンオーナー品」にチェックを入れて、絞り込む事が出来場合もあります。

中古車を購入される場合には、こうした「ワンオーナー品」を探す事で、質の良い中古車を手に入れる方法がある事を参考にされると良いでしょう。

「ワンオーナー品」の言葉の使い方や使われ方

「ワンオーナー品」は『中古車の良し悪しを見抜くのは難しく、何度も失敗しましたが、今度の車はワンオーナー品なので期待できると思っています。』の様に使われます。

「ワンオーナー品」の類語や言いかえ

「ワンオーナー品」は、この言葉が定着しており、多くの人に通じる類語や言い換えは見当たりませんが、「ワンオーナー車」「中古初販売車」と表現すれば、意味は通じると思います。

まとめ

「ワンオーナー品」とは、中古車の中で「中古車として売りに出されるまで、新車として購入した一人(ワン)の所有者(オーナー)にのみ、乗られていた車」を指す言葉です。

中古車として何人かに乗り継がれていた車に比較して、整備や点検やメンテナンス等がしっかり行き届いている可能性が高く、質の良い中古車である事が多いメリットがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典