スポンサーリンク

就職の「Iターン」と「Uターン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「Iターン」と「Uターン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、就職の「Iターン」「Uターン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

就職の「Iターン」とは?

就職の「Iターン」の意味と使い方について紹介します。

就職の「Iターン」の意味

就職の「Iターン」「あいたーん」と読みます。

意味は「都会で生まれ育った人が、地方の企業に就職・転職すること」です。

就職の「Iターン」の使い方

就職の「Iターン」は、都会で生まれ育った人が、地方の企業に就職・転職することを言います。

「Uターン」に対応する言葉として、都会から地方への軌道が真っ直ぐなことから「Iターン」と呼ばれています。

「Iターン」をする理由は、「都会にはない環境の良さがある」「かつて旅行してその土地に魅力を感じた」などがあります。

最近では、地方自治体で移住政策に力を入れ、土地や住まい、仕事探しなどを支援してくれるところも増えています。

就職の「Uターン」とは?

就職の「Uターン」の意味と使い方について紹介します。

就職の「Uターン」の意味

就職の「Uターン」「ゆーたーん」と読みます。

意味は「地方で生まれ育った人が、都会で働き、その後故郷に戻って働くこと」です。

就職の「Uターン」の使い方

就職の「Uターン」は、地方で生まれ育った人が、一度都会の企業に就職して働き、その後故郷に戻って働くことを言います。

地方→都会→地方の軌道が「U」であることから「Uターン」と呼ばれています。

「Uターン」をする理由は「都会で仕事や人間関係にストレスを感じた」「やっぱり住み慣れた環境がいいと思った」「家業を継ぐ」「親が心配」などがあります。

一度都会生活を経験しているので視野も広くなり、高いスキルを身に付けて自信を持って戻ってこられる人もいます。

就職の「Iターン」と「Uターン」の違い!

「Iターン」「都会で生まれ育った人が、地方の企業に就職・転職すること」です。

「Uターン」「地方で生まれ育った人が、都会で働き、その後故郷に戻って働くこと」です。

まとめ

今回は就職の「Iターン」「Uターン」の違いをお伝えしました。

「Iターンは都会→地方」「Uターンは地方→都会→地方」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典