スポンサーリンク

就職の「Jターン」と「Uターン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「Jターン」と「Uターン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、就職の「Jターン」「Iターン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

就職の「Jターン」とは?

就職の「Jターン」の意味と概要について紹介します。

就職の「Jターン」の意味

就職の「Jターン」「じぇいたーん」と読みます。

意味は「地方で生まれ育った人が、一度都会に出て就職した後、地元の近くに戻ってきて就職すること」です。

就職の「Jターン」の概要

就職の「Jターン」は、地方で生まれ育った人が、一度都会に出てきて就職した後会社を辞めて、地元の隣県や同じ県内の都市部などで就職することを言います。

地方出身者が一度都会で就職した後、再度出身地方に戻ることを「Uターン」と言いますが、「Jターン」「Uターン」の様に故郷に戻るのではなく、故郷に近い地域に戻ることで、移動する軌道が「J」に近いことから使われる様になりました。

都会よりものんびりとしていて、実家も近いことから結婚後も安心して暮らせるというメリットがあります。

就職の「Iターン」とは?

就職の「Iターン」の意味と概要について紹介します。

就職の「Iターン」の意味

就職の「Iターン」「あいたーん」と読みます。

意味は「都会で生まれ育った人が、地方で仕事を見つけて就職すること」です。

「Iターン」の概要

「Iターン」は、都会で生まれ育った人が、地方で仕事を見つけて就職する為に移住することを言います。

昔旅行した地方が気に入って是非住みたいと思ったり、若手が伸び伸びと活躍できる地方のメーカーに就職したいと思ったりして、都会から地方に就職する人に使われる言葉です。

一方通行の軌道が「I」に似ていることと、本来は「出戻り」ではありませんが、先に出来た「Uターン」と言う言葉に対応して使われる様になりました。

就職の「Jターン」と「Iターン」の違い!

「Jターン」「地方で生まれ育った人が、一度都会に出て就職した後、地元の近くに戻ってきて就職すること」です。

「Iターン」「都会で生まれ育った人が、地方で仕事を見つけて就職すること」です。

まとめ

今回は就職の「Jターン」「Iターン」の違いをお伝えしました。

「Jターンは地元から都会へ、その後地元近くで再就職」「Iターンは都会から地方へ行き就職する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典