心が「折れる人」と「折れない人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「折れる人」と「折れない人」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、心が「折れる人」「折れない人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

心が「折れる人」とは?

心が「折れる人」の意味と使い方について紹介します。

心が「折れる人」の意味

心が「折れる人」は、「心の支えを失ってやる気がなくなる人」「障害にぶつかって挫折する人」という意味です。

心が「折れる人」の使い方

心が「折れる人」は、以下の2つの使い方があります。

1つ目は「心の支えを失ってしまい、ものごとへの意欲がなくなる人」という意味で、結婚間際に婚約を解消されてしまい、落ち込んでしまった人などに対して「彼女は心が折れてしまった」などと言います。

2つ目は「障害にぶつかってくじけてしまう人」という意味で、仕事でそれまで頑張って来たのに、大きなミスをして全てやり直しになってしまい、二度とやる気がなくなってしまった人などに対して「彼は心が折れた」などと言います。

どちらも共通しているのは「不幸に見舞われた後、気力がなくなり行動できなくなる」という点です。

心が「折れない人」とは?

心が「折れない人」の意味と使い方について紹介します。

心が「折れない人」の意味

心が「折れない人」は、「どんな辛いことがあっても、精神的にくじけずに前を見て進んでいく人」という意味です。

心が「折れない人」の使い方

心が「折れない人」は、問題やトラブルがあって絶望的な状態になったり、人から批判されて嫌な思いをしても、決して諦めたり挫折したりせずに、希望を持って前に進んでいく人のことを言います。

「彼は心が折れない人だ」という場合、何か大きなトラブルや不幸に見舞われても、落ち込んだりせずに次の行動が取れる人のことを言います。

心が「折れる人」と「折れない人」の違い!

心が「折れる人」「心の支えを失ったり、不幸に見舞われて精神的にくじける人」です。

心が「折れない人」「トラブルや不幸に見舞われても精神的にくじけない人」です。

まとめ

今回は心が「折れる人」「折れない人」の違いをお伝えしました。

心が「折れる人は精神的に弱い」「折れない人は精神的に強い」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典