スポンサーリンク

心理学の「馴化」と「順応」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
心理学の「馴化」と「順応」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「馴化」「順応」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「馴化」とは?

「馴化」は、長時間同じ刺激を与えられることでその刺激になれたことを言い表す言葉です。

つまり、馴れという物を表し、「馴化」はあくまで慣れにより感覚がマヒしているにすぎず、肉体や精神にかかるストレスは実はストレスがかかっており肉体や精神は疲弊状態にあります。

これは一種の諦めという物も「馴化」になります。

「馴化」の使い方

「馴化」という言葉の使用例は、心理学で使用され、刺激になれてしまった際に使用されます。

あくまで、馴れにより変化しただけに過ぎないため、ストレスを感じているのであれば租の慣れを解決するために心理学を用いて「馴化」した人物を治療する必要性があるのです。

「順応」とは?

「順応」は目や耳の他嗅覚という人間の持つ感覚器が鈍ることでだんだんと体が反応を示さなくなることです。

例えば、強烈なにおいを感じ取る嗅覚が鈍ると嗅覚が順応したとなり、強烈なにおいは感じなくなります。

また、「順応」は感覚器官がマヒしているため、ストレスを感じることなく、だんだんと体が鈍るという点があります。

「順応」の使い方

「順応」は心理学では、体の感覚がマヒし、各部位が異常を起こした際、異常となる場所を指して「順応」していると記します。

「順応」した場所は、感覚がマヒしているため目であれば目が見えない、鼻であれば臭いを感じないとします。

「馴化」と「順応」の違い

「馴化」「順応」の違いは、刺激に対して馴れてしまうか、感覚がマヒするかという違いです。

「馴化」は一種の慣れであるためストレスを感じますが、「順応」は感覚のマヒであるため実はストレスを感じていないことが多いです。

例えば臭いが強烈なものに「順応」した場合、臭いを感じ取れないわけですからストレスはかからないですが、「馴化」の場合、我慢しているだけですのでストレスを感じます。

「馴化」の例文

・『君は花火の音に対し、馴化しているだけである』
この例は、花火の音に対して馴れているだけで、恐らく該当する人物は花火の音自体にはストレスを抱えている可能性があるという例です。

「順応」の例文

・『君は花火の音に順応しつつある』
この例は、対象となる人物が花火の音を感じ取れないくらいマヒしていることを示しています。

「順応」は、感覚のマヒであるため、この例では花火のみ聞き取れなくなりつつあります。

まとめ

「馴化」「順応」の違いは、刺激などに対して馴れてしまっているか、マヒという治療を必要とする部類に当たる状況下にあるかという違いです。

「馴化」入ってしまえばストレスを感じているうえで慣れているだけにすぎず、実際には刺激に対しては一応感じ取れています。

ですが、「順応」に入るとすでに感覚がマヒしているため刺激を感じなくなるのです。

その為、「順応」をすればするほどだんだんとすべての感覚がマヒしてしまっている状況下にあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典