スポンサーリンク

恋愛における「寄り添う」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
恋愛における「寄り添う」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、 恋愛における「寄り添う」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

恋愛における「寄り添う」とは?意味

寄り添うという言葉にはいくつかの意味があります。

言葉のままの意味の場合、身体と身体の隙間が生じないくらいにぴったりと近くに寄ることです。

また、相手の気持ちを察して、同調するのも寄り添うことになります。

そして、恋愛における寄り添うの意味は、後に述べた心情的な歩み寄りが該当します。

恋愛における「寄り添う」の概要

好意を抱く相手には、積極的に寄り添いたい気持ちが生まれるものです。

愛情が深ければ深いほど、見返りを期待することなく何かをしてあげたくなるのは自然のことであると言えます。

そのため、単に寄り添うという行為も恋愛における寄り添いの場合は、心身ともに支えたいという本心がなせる業。

「世界中の人を敵に回しても私だけは味方」という気持ちがなければ、寄り添うことはかないません。

恋愛における「寄り添う」の言葉の使い方や使われ方

恋愛関係にあるパートナーが「寄り添ってほしい」と言ったときは、「自分を応援してくれる見方が欲しい」という本音があります。

厳しい立場にあり、これから更なる難問へ立ち向かうときに思う本音です。

男性が女性に支えて欲しいと願って、口にすることがあります。

男性は基本的に甘え下手なので、寄り添うことを直接的に伝えることはありません。

敢えて言ってくるということは、相当追い詰められているということ。

その真意を汲み取ってあげることこそが、寄り添うという行為に該当します。

一方、女性は男性に甘えたいという願望が強いので、口で言わずともいつでも寄り添ってほしいと思っているのでなかなか厄介なのです。

俗にいう、かまってちゃんが多いからです。

女性は察してほしい性質なので、「寄り添って」と言わなくても先回りして気遣うことを良しとします。

いつもと違う口調で元気がないと思ったら、「大丈夫?」と声を掛けたり、「久しぶりに会おうか」と誘えば寄り添ってくれたと満足してくれます。

要は、まめに連絡をして気遣うふりをすれば「寄り添ってくれた」と理解してくれるのが女性です。

恋愛における「寄り添う」の類語や言いかえ

寄り添う行為は、具体的に言うと身体と身体が密接させることですが、恋愛のケースで言うと心と心を重ね合わせる様子が該当します。

そのため、「肩を寄せ合う」「互助」という意味よりも「共感する」という言葉のほうが適しています。

まとめ

女性と男性では思考回路が異なるので、相手に望むことが大きく変わります。

どんなふうに寄り添ってほしいのか、どんなふうに寄り添えばいいのか。

個々の性格にもよりますが、相手が望むように応えられるのが一番です。

つまり、寄り添うためには察知能力に長けていれば安心ということ。

これは先天的なものではありますが、気持ちが伴えば後天的にも伸ばせる能力なので心配ありません。

まずは思いやりの気持ちを持つことが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典