スポンサーリンク

本を「借りる」と「貸りる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「借りる」と「貸りる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「借りる」「貸りる」は、どちらも「かりる」と読みますが、違いを知っていますか。

この記事では、「借りる」「貸りる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「借りる」とは?

「借りる」には、4つの意味があります。

1つめは、後で返すことを前提に、一時的に自分のもののように使用することです。

「図書館の本を借りる」などの使い方をします。

2つめは、料金を支払って一時的に自分のものとして使うことです。

「テレワークのためにタブレットを借りる」などの使い方をします。

3つめは、他のものから知識や力の助けを受けることです。

「瓶のふたを開けるために父の力を借りる」などの使い方をします。

4つめは、ある目的のために一時的に他のものを利用することです。

「この場をお借りしてお礼申し上げます」などの使い方をします。

「貸りる」とは?

「貸りる」は誤りです。

「貸」という漢字は、タイ、かすと読みます。

意味は、かすです。

与えることや施すことを意味する漢字なので、「貸りる」とはしません。

「借りる」と「貸りる」の違い

一定期間自分のもののように使用することを「かりる」といいますが、このときに使用される漢字は「借りる」です。

「貸りる」は誤りです。

「借りる」の対義語が「貸す」になります。

まとめ

「借りる」が正しい漢字であり、「貸りる」は誤った漢字の使い方です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典