検索エンジンの「BING」と「DuckDuckGo」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「BING」と「DuckDuckGo」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、検索エンジンの「BING」「DuckDuckGo」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「BING」とは?

検索エンジンの「BING(ビング)」とは、“意思決定を支援する検索エンジン”というコンセプトを掲げて、マイクロソフト社が提供している検索エンジン」のことです。

「BING」の検索エンジンとしての歴史は、「MSNサーチ」「Windows Liveサーチ」から始まっています。

世界最大の検索エンジンであるGoogleに対抗するブランド名として「BING」が採用されたのは2009年5月で、現在ではGoogleとほぼ同じような「ウェブ・画像・動画・地図の検索」を行えます。

「DuckDuckGo」とは?

検索エンジンの「DuckDuckGo(ダックダックゴー)」とは、「ユーザー(検索者)のプライバシー保護のために検索履歴等を保存しないことを運営方針としているセキュアな検索エンジン」のことです。

「DuckDuckGo」はDuckDuckGo社が提供している検索エンジンですが、「検索結果のパーソナライズ(個人への最適化)」を行わないため、誰がいつ検索しても同じ検索結果の画面を見ることができる特徴があります。

また「!Bang」コマンドという機能により、検索行為を特定のウェブサイトにリダイレクトすることが可能です。

「BING」と「DuckDuckGo」の違い!

「BING」「DuckDuckGo」の違いを、分かりやすく解説します。

「BING」「DuckDuckGo」も検索エンジンですが、「BING」「マイクロソフト社が提供している、Googleに似たウェブ・画像・動画のパーソナライズド検索を行える検索エンジン」であり、「DuckDuckGo」のほうは「ガブリエル・ワインバーグが創業したDuckDuckGo社が提供しているパーソナライズド検索を行わない検索エンジン」であるという根本的な違いがあります。

「BING」「GoogleやYahoo!などと同じく個人情報を収集しながら、個別のユーザーに最適化したパーソナライズド検索を可能にする検索エンジン」ですが、「DuckDuckGo」というのは「個人情報を収集・保存しないプライバシー保護のコンセプトを実践している検索エンジン」である違いを指摘できます。

まとめ

検索エンジンの「BING」「DuckDuckGo」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「BING」とは「マイクロソフト社がGoogleに対抗するために立ち上げたウェブ・画像・動画を検索できる検索エンジン・パーソナライズド検索で意思決定を支援するとされる検索エンジン」を意味していて、「DuckDuckGo」「ユーザーのプライバシー保護のために検索履歴等を保存しないポリシーを実践している検索エンジン」を意味している違いがあります。

「BING」「DuckDuckGo」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典