水泳の「個人メドレー」と「メドレーリレー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「個人メドレー」と「メドレーリレー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

水泳のメドレーは、違う泳法でつないで泳いでいく種目のことです。

それでは、よく耳にする「個人メドレー」「メドレーリレー」は何が違うのでしょうか。

スポンサーリンク

「個人メドレー」とは?

個人メドレーとは、一人の人が、メドレーで泳いでいく種目のことです。

4種目の泳法でそれぞれ4分の1の距離を泳いでいきます。

順番は、「バタフライ」から始まり、「背泳ぎ」「平泳ぎ」、最後に「自由形」の順で泳ぐように決められています。

「自由形」は、「バタフライ」「平泳ぎ」「背泳ぎ」以外に決められている為、現状では「クロール」のことになります。

泳ぐ距離が長くなることや、泳法を全てマスターしなければいけないことから、体力を使う過酷な競技だといえます。

「メドレーリレー」とは?

「メドレーリレー」とは、4人が同じ距離をつないで泳いでいく種目のことです。

個人メドレーとは順番が違い、「背泳ぎ」から始まり、「平泳ぎ」「バタフライ」「自由形」の順でリレーしていきます。

こちらも「自由形」「背泳ぎ」「平泳ぎ」「バタフライ」以外に決められています。

男子2名、女子2名からなる「混合メドレーリレー」もあります。

「個人メドレー」と「メドレーリレー」の違い

両者の違いは、一人で泳ぐか、4人がリレーで泳ぐかの違いがあります。

また、泳ぐ順番も違います。

個人メドレーでは4種目を全てマスターしなければいけないことから、個人の得意な泳法、苦手な泳法があることによって、順番が頻繁に変わり、トップが入れ替わりやすいところも魅力です。

まとめ

「個人メドレー」「メドレーリレー」の違いは、個人で泳ぐのか団体で泳ぐのか以外にも、泳ぐ順番が違うことや、男女が混ざることもあるなど、様々です。

応援する側も盛り上がる種目といえるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典