競馬の「重賞」と「G1」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「重賞」と「G1」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、競馬の「重賞」「G1」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「重賞」とは?

「重賞(じゅうしょう)」とは、「競馬競走の中でも出走する馬のレベルが高くて、格付け・賞金額も高いG1・G2・G3のレース」を意味しています。

「重賞」の語源は18世紀イギリスの「パターンレース」にあり、「毎年重ねて賞を行う」といった意味があります。

日本のJRA(日本中央競馬会)は1984年から独自のグレード制で「重賞」を規定していましたが、2007年からは国際グレードを取り入れ、2010年にはJRA「重賞」のすべてが国際グレードを取得しました。

「G1」とは?

「G1(じーわん)」とは、「重賞の中でももっとも格付け(グレード)・賞金額・注目度の高い競馬競走」を意味しています。

「G1」というのは、「各距離・馬場(芝・ダート)・競馬場などの諸条件における最強(最速)の馬を決定するためのもっとも格付けの高い競馬競走」のことなのです。

JRAが規定する「G1」は、「皐月賞・日本ダービー・菊花賞・天皇賞(春・秋)・桜花賞・オークス・秋華賞・NHKマイルカップ・宝塚記念・ジャパンカップ・中山大障害・有馬記念」などの26レースがあります。

「重賞」と「G1」の違い!

競馬の「重賞」「G1」の違いを、分かりやすく解説します。

「重賞」「G1」はどちらも「競馬の競走の格付けに関連する用語」ですが、「G1」というのは「重賞の中でももっとも格付け(グレード)と賞金が高いレース」になります。

「重賞」というのは「競馬の競走の中でも出走する馬のレベルが高くて注目度・賞金額も高いG1・G2・G3のレース」を意味していて、「G1」のほうは「重賞の中でも格付けと賞金額がもっとも高いレース」になっている違いがあるのです。

G1~G3まで含む「重賞」の数は「約130」ですが、最高峰のG1の数は「26」である違いもあります。

まとめ

競馬の「重賞」「G1」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「重賞」とは「JRA開催の競馬の競走でG1・G2・G3に格付けされているレース」「G1がもっとも格付けと賞金額が高く、G1にG2・G3が続いているレース」を意味していて、「G1」「競馬の競走のグレード(格付け)がもっとも高いもの・JRAで年間26レースが存在する最高峰の格付けのレース」を意味している違いがあります。

競馬の「重賞」「G1」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典