スポンサーリンク

選挙で見る「公約」と「マニフェスト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「公約」と「マニフェスト」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、選挙で見る「公約」「マニフェスト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

選挙で見る「公約」とは?

選挙の際に多くの立候補者が掲げる「公約」

その中身は、その立候補者が当選した際、国や都道府県、市町村などでどのようなことを行うのかを約束した政策となります。

この選挙で見る「公約」は、あくまでも、約束です。

そのため、実際に当選後、実行することができなくても、罰則はありません。

また、選挙で見る「公約」の場合、明確な数値を表すことが少なく、抽象的なニュアンスの内容がほとんどです。

例えば、「減税します」と言っていても、いつまでに、どの程度の減税を考えているかはわからず、単に「減税します」と有権者に伝えるだけです。

このようなことから、選挙で見る「公約」は、あくまでも、立候補者の努力目標となり、どれだけ大きな「公約」を掲げ、そして、その「公約」を実行することができなくても問題のないものとなります。

このことを理解したうえで、立候補者の「公約」を確認し、一票を投じなければなりません。

選挙で見る「公約」の使い方

選挙で見る「公約」の使い方としては、「公約を守る」「公約を掲げる」「公約の実行」「公約通り」などがあります。

選挙で見る「マニフェスト」とは?

近年、選挙の際に立候補者の多くが掲げる選挙で見る「マニフェスト」

その中身は、その立候補者が当選した際、国や都道府県、市町村などでどのようなことを行うのかを約束した政策となります。

そして、この「マニフェスト」には、明確な数値や目標、どのように実行するのか、などが含まれます。

例えば、「○○までに■%の減税を行います」といつまでに、どの程度の減税を行うのか明確にします。

このように数値が明確だと信頼性が高いものと言えますが、「マニフェスト」の場合も「公約」同様、実行しなくても罰則を受けることはありません。

選挙で見る「マニフェスト」の使い方

選挙で見る「マニフェスト」の使い方としては、「マニフェストを守る」「マニフェストを掲げる」「マニフェストの実行」「マニフェスト通り」「公約」と同じような使い方となります。

選挙で見る「公約」と「マニフェスト」の違い

選挙で見る「公約」「マニフェスト」も、選挙の際に立候補者が掲げる努力目標となります。

ただし、その中身が異なり、「公約」の場合、抽象的な面が多く、明確な数値などは掲げられません。

一方、「マニフェスト」の場合は、明確な数値などを掲げたものとなります。

この点が、選挙で見る「公約」「マニフェスト」の大きな違いとなります。

まとめ

どちらも、選挙の際に誰に投票するのかの判断材料にすることができる「公約」「マニフェスト」ですが、以上のような微妙な違いがあるため、その点に注意し「公約」「マニフェスト」の内容を確認してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典