スポンサーリンク

野球の「猛打賞」と「マルチヒット」の違いとは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「猛打賞」と「マルチヒット」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

野球の応援をしていると、聞きなれない言葉が耳をかすめることがあります。

この記事では、「猛打賞」「マルチヒット」の違いを分かりやすく説明していきます。

正しい言葉を知って、プロ野球の世界に詳しくなりましょう。

スポンサーリンク

「猛打賞」とは?

猛打賞(もうだしょう)とは、ひとつの試合で3安打以上打った選手に贈られる賞のこと。

プロ野球の選手に贈呈される、非常に夢のある賞です。

ちなみに「安打」というのは、ヒットのこと。

ピッチャーが投げた球を打ち返して、1塁以上すすめる「質のいい打球」のことです。

猛打賞は1試合に3ヒット以上が条件。

野球をやったことがある方なら分かるかと思いますが、これは簡単そうに見えて、難しい記録です。

1949年に作られた賞ですが、実際に賞を取れるのは、ごく限られた人のみです。

ちなみに猛打賞の歴代王者の顔ぶれを見てみると、巨人の長嶋茂雄さん、中日の立浪和義さん、巨人の王貞治さんなどのサラブレットの名前が挙がっています。

猛打賞を獲得すると、協賛しているスポンサーから商品券や腕時計などがプレゼントされます。

「マルチヒット」とは?

マルチヒットとは、ひとつの試合で2安打以上打つこと。

打者の勢いがあるときに用いる言葉で、野球の実況中継などでもよく耳にするキーワードです。

「マルチヒット」「マルチ」には、多くの・たくさんのという意味があります。

つまり「多くのヒット」を打つことがマルチヒット。

野球の世界では、おもに2ヒット以上打つことをマルチヒットと呼んでいます。

イチロー選手や大谷翔平選手など、メジャーリーグで日本人選手が活躍するようになってから、使われ始めた用語です。

マルチヒットは賞とは違うので、マルチヒットを出したからといって、スポンサーや野球協会から賞が贈られる訳ではありません。

けれどもマルチヒットを出すと、会場が盛り上がったり、アナウンサーの実況中継により熱が加わったりします。

「猛打賞」と「マルチヒット」の違い

どちらもプロ野球にまつわる専門用語ですが、区別が付きにくいです。

「猛打賞」「マルチヒット」の違いを、分かりやすく解説します。

・歴史ある賞は「猛打賞」

どちらも優れた打者に贈られる代名詞です。

1試合において、3ヒット以上打つのが「猛打賞」

1試合において、2ヒット以上打ちあげるのが「マルチヒット」になります。

そのため順序としては、マルチヒットの記録を達成したら、その先に「猛打賞」が待っているという具合です。

また「猛打賞」は1949年に、清岡選手がつくった栄誉ある賞のこと。

マルチヒットは実況中継の専門用語なので、マルチヒットを達成しても賞や賞品はありません。

日本のプロ野球の個人タイトルにあたるのが猛打賞。

そうではないのがマルチヒットです。

まとめ

「猛打賞」「マルチヒット」の違いを分かりやすくお伝えしました。

猛打賞はひとつの試合で3ヒット以上打つ、優秀な打者に贈られる賞のこと。

マルチヒットはひとつの試合で、2ヒット以上打つことです。

言葉を知ると、野球中継がますます楽しくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典