スポンサーリンク

野球や相撲などスポーツの「かわいがり」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「かわいがり」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「かわいがり」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「かわいがり」とは?意味

「かわいがり」は、スポーツ業界における新人に対して行う行為で、しつけと称して新人を激しいけいこに付き合わせ暴行を加える行為を意味する隠語です。

隠語であるため、思い切って新人をしつけと称してぼこぼこにするとあえて言うことなく、他者が聞いても違和感がない「かわいがり」という言い方をすることで周囲の人物が聞いてもしつけと称した暴力行為ではないと思わせようとしています。

「かわいがり」の概要

「かわいがり」は元々は、厳しい修練を新人のうちに覚え込ませることで将来スポーツ業界で活躍することができる人材になるよう教育を行うことを「かわいがり」と呼んでいました。

ですが、ある時を境に暴力行為を「かわいがり」と称して他者を蹴落とすための一つの手段としている側面が強く見え始めたのです。

「かわいがり」による暴力行為を行う理由についてはライバルを消し去ることができる点があり、将来的にライバルとなり得そうなものほどかわいがりという洗礼を受けます。

その為、中には業界から逃げ出し、別の道を歩むものや内部告発をして暴力行為を訴えるものまで現れ現在では、「かわいがり」はマイナスの意味である、暴力行為によるライバルの蹴落としという意味で使用されることが多いです。

「かわいがり」の言葉の使い方や使われ方

「かわいがり」という言葉が使用されたのは、昭和時代の相撲雑誌に「かわいがり」が登場しており、当時は荒稽古をして新人を鍛える言葉として使用されていました。

ですが、時代が進むにつれ、次第にライバルとなり得るものを葬り去るかのような言葉として使用され始め、中には新人を稽古と称して体罰を加えることで事実上、殺害してしまった行為に至るまでを「かわいがり」とテレビで呼ぶようになり、現在ではよい意味で使用されることよりも、悪い意味で使用されることが多く、体罰を加えて他社を蹴落とす行為そのものであると言われています。

「かわいがり」の類語や言いかえ

「かわいがり」と同じ意味を持つスポーツ業界の隠語であれば、「新人研修」という言葉を使用してあえてスポーツ業界のマイナス側面である新人に暴力をふるう行為を隠す言い方をすることがあります。

「新人研修」であれば、他者が聞いても暴力をふるっている様子を想像しないため、野球やサッカーなどでは「新人研修」という言葉を使用して新人に暴力をふるい新人のやる気をそがせることがあります。

まとめ

「かわいがり」は本来はスポーツで活躍するであろう未来のスターを作るために新人を鍛える行為を「かわいがり」と呼んでいました。

ですが、いつからか、ライバルとなり得そうな人物をあらかじめ潰そうとする新人いじめを指す言葉に置き換わったのです。

ですので、現在では多くの人が「かわいがり」と聞くと暴力行為を思い浮かべるのは相撲業界において暴力行為による新人いじめである「かわいがり」が横行し、テレビに取り上げられたが故、今はもう、よい意味で使用されなくなったのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典