スポンサーリンク

雑誌の「nuts」と「egg」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑誌の「nuts」と「egg」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「nuts」「egg」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「nuts」とは?

「nuts」は、「happy nuts」という雑誌で創業は2004年に創業し、ギャル系のファッション雑誌として生まれました。

ですが、元々のギャル系雑誌は、「egg」という雑誌でこちらが1995年に登場した日本で最初のギャル雑誌です。

なお、「nuts」は、2015年に休刊となりましたが、2020年にウェブ上で閲覧可能なファッション誌として生まれ変わりました。

「nuts」の使い方

「nuts」の使い方に関しては、若い世代の女性が流行のファッションやメイクを知るために使用します。

男性が女性用の雑誌を購入することはあまりないと思われますが、流行を知るうえで男性も「nuts」の女性ファッション誌を購入する可能性は考えられます。

「egg」とは?

「egg 」は太陽図書館が発売していた、女性用ファッション雑誌の一つで、元祖ギャル系ファッション誌です。

雑誌の販売は1995年から2014年までになり2019年に復刊号を販売したことでも知られています。

「egg」の使い方

「egg」の使い方ですが、昔であればファッション誌として閲覧することができましたが、現在は販売を休止していますので恐らく、中古にて書籍を扱う書店で入手し、当時のファッションの研究に使用するなどが「egg」の使い方であると思われます。

「nuts」と「egg」の違い

「nuts」「egg」の違いですが、元祖ギャル系のファッション誌であるか、新規に若い世代のギャルという女性に向けて販売したファッション誌であるかどうかです。

「egg」側は元祖ギャル系ファッション誌ですが、現在では入手することが難しく、「nuts」側はインターネット上で情報を提供していますので、未だインターネットという媒体を使用して若い女性のファッションなどの流行を発表しているか、そうではないかというのも両者の違いで、「nuts」側は現在でも若い女性のファッションを提供する活動をウェブ上で展開しています。

まとめ

「nuts」「egg」の違いですが、雑誌自体の発売年度に差があり、元祖と呼ばれる雑誌は、「egg」側にあり1995年に雑誌が販売されています。

一方「nuts」側は2004年に雑誌を販売し、2000年に登場したガングロギャルを特集するなどのインパクトのある女性陣を特集したことにより、「nuts」=ガングロギャルの雑誌というイメージが定着したのです。

その為、あえて両者の違いを上げるとすると話題性がある女性の追及の仕方が両者は異なると言われており、「egg」は渋谷などでおしゃれを追求する雑誌、「nuts」は話題のファッションやメイクのみを追求する雑誌という形ですみわけをしたのです。

ですが、「egg」側はもう販売を終了したうえで、「nuts」のようにインターネット上で情報を発信していませんので現在の違いではいまだ活動しているかそうではないかという点もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典