スポンサーリンク

電車の「終電」と「終点」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「終電」と「終点」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、電車の「終電」「終点」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

電車の「終電」とは?

最初に電車の「終電」(しゅうでん)の意味をご説明致します。

「終電」とは、電車が走っている路線において、その日の最後に運転される電車を指しております。

電車の「終点」とは?

次は電車の「終点」(しゅうてん)の意味を解説していきます。

「終点」の場合は、電車が運行している路線において、対象となる電車が最後に停まる駅を指しています。

電車の「終電」と「終点」の違いとは?

ここでは電車の「終電」「終点」の違いを取り上げてみましょう。

電車の「終電」は、営業している時間帯において、最後に走る電車を表しています。

また、「終点」は、電車が最後に停車する駅です。

電車の「終電」と「終点」の使い方の違い

続きまして、電車の「終電」「終点」の使い方の違いを説明します。

電車の「終電」を使うときは、最後に走る電車を指したり、「終電」を逃したときなのです。

また、「終点」を使う場合、電車が最後に停まった駅などを表現するときに使います。

それぞれの使い方を見てみましょう。

前者の使い方

「残業で遅くなり、終電を逃してしまったので、今日はカプセルホテルに泊まる」

後者の使い方

「電車で居眠りをしてしまい、終点駅に到着していた」

電車の「終電」と「終点」の英語表記の違い

この項目において、電車の「終電」「終点」の英語表記の違いを取り上げます。

「終電」を英語にすると、“last train”になります。

また、「終点」は、“end point”です。

両者の例文を書きます。

前者の例文

「I decided to drink until near the last train」(終電近くまで、飲むことにした)

後者の例文

「The train has arrived at the end」(電車が終点に到着しました)

文法的に、「at the end」を使いました。

電車の「終電」を使った例文

ここでは電車の「終電」を使った例文を書いていきます。

・『終電には酔っ払いのサラリーマンなどが、多く乗っている』

・『お小遣いが少ないので、終電を逃すと、野宿するはめになってしまいます』

・『終電まで働いて、始発で出勤するので、家にいる時間は6時間くらいだ』

・『今日から終電の時間が、10分ほど繰り上げになるらしい』

・『田舎の終電は、夜の7時や8時ということが多い』

電車の「終点」を使った例文

最後の項目において、電車の「終点」を使った例文を書きます。

・『終点駅に到着する頃には、夜の12時近くだ』

・『終点の1つ前の駅で、人身事故があったようです』

・『電車が終点に入るには、1時間ほどだと駅員に教えてもらった』

・『終点の駅のトイレは、いつも綺麗に掃除されている』

・『終点で見かける美人さんが、今日はいなかった』

まとめ

まとめとして、電車の「終電」とは、電車の営業している時間帯で、最後に運行される電車のことです。

また、「終点」は、対象とされる電車が最後に停まる駅のことを指しております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典